クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

日向坂46・小坂菜緒、センターは「逃げ出したくても逃げられない」

映画

日向坂46・小坂菜緒
日向坂46・小坂菜緒 クランクイン!

 11月公開の映画『恐怖人形』で、映画初出演及び初主演を果たした日向坂46の二期生・小坂菜緒。3月発売の1stシングル「キュン」リリースから、駆け足で飛躍し続けるグループの活動と並行した撮影では「メンバーが周りにいない不安もありました」と本音を明かす。グループのメンバーとして、一人の女優として何を思うのか。単独インタビューにより、話を聞いた。

【写真】17歳の小坂菜緒、かわいい撮り下ろしショット 日向坂のポーズも<全9枚>

■女子大生役は同期メンバーの宮田愛萌を参考に


 撮影に入る前は「初主演への不安で胸がいっぱいでした」という小坂。本作では、実際の年齢である17歳よりも少し年上の女子大生役となったが、演じるにあたり「メンバーの宮田愛萌を参考にしていました」と明かす。

 「私はまだ高校生なので、女子大生役を演じるからには『もう少し落ち着きが必要なのかな』と思っていたんです。そこで参考にしたのが、同期で実際に大学へ通っている宮田でした。普段から大人の立ち振る舞いをしていると感じていたので、撮影中は何となく彼女を思い浮かべていました」。

 単身で臨んだ撮影の合間には「共演者の方々と『人狼ゲーム』で遊んでいました」と回想。現場の空気にもなじんでいった一方で「1週間もグループを離れる経験がなかったので、寂しさもありました」と話す。

 「ホームシックのような気持ちもありました。メンバーとは家族よりも濃い時間を過ごしているから、やっぱりそばにいない不安もあったんですよね。そんな気持ちを察してくれたのか、メンバーも撮影中に連絡をくれたんです。同期の渡邉美穂が写真付きで『撮影頑張ってる?』とか『今、こんなことをしてるよ』といったメッセージを送ってくれたり、みんなからの報告も密かな楽しみで励まされていました」。

■加入前は「“しゃべりかけるなオーラ”がすごい」と言われて


 過去にはグループとして、舞台『あゆみ』や『ザンビ』も経験。当時の記憶も頼りに演技の世界で成長を見せた小坂だが、一方で、メンバーとして今何を思うのか。日向坂46の前身、けやき坂46のお披露目から約2年。自身の成長を実感しているのは「人とのコミュニケーションの取り方」だという。

 「加入当初は人前に出るのも、誰かと話すのも得意ではなかったんです。メンバーから話しかけられても一問一答みたいに終わってしまったり、中学時代はバレー部に所属していたものの、団体競技なのに端っこで一人ポツンといることも多かったんですよ。それこそ同級生から『しゃべりかけるなオーラすごいよ』と言われるほどでした(笑)。

メンバーと打ち解けられるきっかけを作ってくれたのは、宮田でした。握手会の遠征でたまたま宿泊場所が同じ部屋になり、会話しているうちに『一人が好きだと勘違いされてるかもしれないから、みんなで一緒に話してみない?』と提案してくれて。そこから同期とも話すようになり、ようやく心から壁を壊せたと思えたのは『けやき坂46「走り出す瞬間」ツアー2018(以下、走り出す瞬間ツアー)』の終わり頃だったので、けっこう時間がかかりました(笑)」。

 一方で、一期生から歩み寄ってくれたのは二期生よりも早い時期。小坂らが正式にお披露目されるよりも前で、けやき坂46の一期生や長濱ねる、渡邉が出演したドラマ『Re:Mind』の撮影現場だったと明かす。

 「当時はまだ追加メンバーとしての加入が決定しているのみで、一期生の皆さんとお会いしていたけど自分から話しかける勇気が出なかったんです。でも、撮影現場へ見学しに行ったときにキャプテンの佐々木久美さんや影山優佳さん(現在は活動休止中)が、積極的に話しかけてくださって。『実は、みんなで“こさかな”と呼んでるんだよ』とおっしゃってくれたり、二期生の印象も伝えてくれたりして、はじめはそれこそ『こんな私に話しかけてくれるなんて』という気持ちもありましたがすごくうれしかったですね」。

1ページ(全3ページ中)

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access