クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

竹内涼真「結構、寂しがり屋」 “本人役”を演じて再認識した“竹内涼真”

エンタメ

竹内涼真
竹内涼真

 WOWOWオリジナルドラマ『竹内涼真の撮休』で、個性豊かな監督陣のもと、“竹内涼真の架空の休日”を自身で演じるという、新たな挑戦を果たした竹内涼真。真っすぐでポジティブなオーラも魅力的な彼だが、「役者をやっていると、自分がどんな人間か分からなくなってしまうときがある」と告白する。そんな彼が“竹内涼真を演じる経験”で、自身について再認識したこととは。

【写真】185cmの長身 竹内涼真の撮り下ろし写真

■「自然にプライベートの竹内涼真が出た」

WOWOWオリジナルドラマ『竹内涼真の撮休』より (C)「竹内涼真の撮休」製作委員会
 ドラマや映画の撮影期間に突然訪れる休日、通称“撮休”を、多忙な毎日を送る俳優はどのように過ごすのか。本作は、知られざる“オフの姿”をクリエイターたちが妄想を膨らませて描くオムニバスドラマの第2弾。第1弾の『有村架純の撮休』もチェックしていたという竹内は、「すごく面白い企画だと思っていたので、僕が第2弾をやらせていただけると聞いて、すごくうれしかったです。台本をもらう前から、ワクワクしていました」と前のめりで撮影に向かったと話す。

 プロデューサーと打ち合わせを重ね、「僕がいつもどんな休みを過ごしているのか、普段どういうことを考えているのかなどを話して、それを反映しながら全8話の脚本を書いていただきました」というが、あるときは妹と人生を語り合ったり、あるときはスパイス屋でセクシーな女性店主と出会ったり、またあるときは同級生とバーベキューをしたりと、あらゆるシチュエーションでの竹内涼真を楽しめる内容となった。竹内は「どれもめちゃくちゃ面白かったですね。リラックスして撮影できました」と、ほほ笑む。

WOWOWオリジナルドラマ『竹内涼真の撮休』より (C)「竹内涼真の撮休」製作委員会
 自分自身を演じる上では「あまり“演じる”ということは意識しませんでした。力を抜いて、相手のリアクションに素直に反応することを大事にしていた」とのこと。「全8話を通して、今回のテーマは“巻き込まれること”だったと思います。どの話もキャラクターの濃い人たちが登場して、僕はその人たちに巻き込まれていく」と楽しそうに話す。

 素直なリアクションを心掛けたことで、「友達といるとき、家族といるとき、知らない人と話すときなど、日常生活においても、相手によって自分自身の反応も変わるものですよね。今回は、自分でもその反応の違いを楽しんでいました。すると、会話のリズムやふとしたときの表情など、自然に普段の僕が出た。プライベート感もあって、今までの映画やドラマでは見せたことのない本作ならではの素顔を見せていると思います」と新たな経験ができたことを明かす。「ただ、劇中で僕の家が出てくるんですが、本当の僕の家はあんなに広くないですよ! あと寝起きが悪いシーンがあるんですが、本当の僕は寝起きがいいです。いつも早起きで、“昼まで寝ちゃった”ということはまずないです」と笑顔を見せていた。

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access