クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『チェリまほ』赤楚衛二、「自分のことが好きじゃなかった」自粛期間で気持ちに変化

エンタメ

ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』で主演を務める赤楚衛二
ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』で主演を務める赤楚衛二 クランクイン!

■30歳を見据え「僕自身のベースを豊かにしたい」

 「上京して1年ちょっと、事務所に入れなかった時期があるんです」と明かした赤楚だが、「そのときに悔しさを味わえてよかった」と思い返す。

 「東京に出てもうまくいかなくて、挫折しそうになったこともあります。でも、大学を辞めてまで出てきたのに両親に『すみません、やっぱり諦めます』なんてとても言えない…。だから上京3年間ぐらいは苦しい思いで戦っていました」。

 当時は、「お芝居が好き」とは言えなかったという。「何をやっても本当に下手だったし、何が楽しくてやっているのかも分からなかった…。でも、分からないんだけど、追いかけ続けたいという気持ちだけは大きかったんです。その気持ちが『芝居が好きなんだ』ということにつながったのは、本当に最近です」。


 さて、『チェリまほ』の安達は30歳だが、赤楚自身は26歳。どんな30歳になっていたいか聞いてみると次の答えが返ってきた。

 「30歳になる頃にブラッド・ピットにとか、ライアン・ゴズリングになりたいとか言っても、なれないじゃないですか(笑)。なので、30歳を見据えて、物事の見方や捉え方を深く、広くして僕自身のベースを豊かにしたいです。それが演技の幅や深さにも絶対につながっていくと思うので」。

 そして後半へと突入した『チェリまほ』を前に、視聴者にメッセージを送った。「安達と黒沢の関係だけでなく、柘植(浅香航大)と湊(ゆうたろう)の関係も怒とうの展開を迎えていきます。『おお!』というラストになりますが、とにかく心が温かく幸せな気持ちになっていただけると思います」。(取材・文:望月ふみ 写真:ヨシダヤスシ)


2ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv