クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『大草原の小さな家』お父さん役俳優の息子はホラー映画監督になっていた! ホラーは「父の影響」

映画

映画『ザ・スイッチ』のクリストファー・ランドン監督 父は有名俳優のマイケル・ランドン
映画『ザ・スイッチ』のクリストファー・ランドン監督 父は有名俳優のマイケル・ランドン(C) 2020 UNIVERSAL STUDIOS

 全米初登場1位を記録するなど、大ヒットした『ハッピー・デス・デイ』シリーズの俊英クリストファー・ランドン監督が新たに手掛けた、史上最悪の“入れ替わり”を描くホラー映画『ザ・スイッチ』。さえない女子高生が中年男の連続殺人鬼と入れ替わるという前代未聞の事態を、スリルとユーモアたっぷりに描き出す。ランドン監督の父親は、日本でも人気を博したドラマ『大草原の小さな家』でお父さんを演じたマイケル・ランドン。ホラー好きだった父の影響を受け、自身もホラーを観始めたという監督に、父親とのエピソードも聞いた。

【写真】『ザ・スイッチ』地味目JK⇔連続殺人鬼、ビフォーアフター写真

■ボディ・スワップ(入れ替わり)×スラッシャーの組み合わせに興奮

 『ハッピー・デス・デイ』のシリアルキラーとタイムループを掛け合わせた斬新な設定で、ホラーファンを大いに沸かせたランドン監督。今作の企画は、共同脚本のマイケル・ケネディがまさに『ハッピー・デス・デイ』を観ているときに思いついたというアイデアから始まった。最初に聞いたとき、「君、天才!」と思わず口にしたというランドン監督は、すぐさま参加を決意。一緒に練った脚本を『ハッピー・デス・デイ』でも組んだブラムハウス・プロダクションのジェイソン・ブラムに売り込み、映画製作が実現した。

 作品に大きな影響を与えているのは、ジョディ・フォスター主演で母と娘の入れ替わりを描いたドタバタコメディ『フリーキー・フライデー』(1976)だ。ただし、ホラー映画にとって大きな意味を持つ“13日の金曜日”に入れ替わる設定などは継承しつつも、ほかはランドン監督が言うように「全くの別物」。前者がストレートなコメディであるのに対し、本作には入れ替わりにプラスして“スラッシャー・コメディ”というひねったアプローチも加えられている。

映画『ザ・スイッチ』場面写真 (C) 2020 UNIVERSAL STUDIOS
 「僕が一番ワクワクしたのは、ボディ・スワップとスラッシャーものをくっつけたところ」と語るランドン監督。「入れ替わり映画にはかわいらしい作品が多いという伝統があるので、バイオレンスにすることでユニークさを与えたかったんだ」と続ける。その思いはケネディも同じで、2人は“遊び心を持って”、今回さまざまな奇抜な死に方を考案。どれも笑いが起きるように作ったという大げさなスラッシャーシーンには、ぜひ期待してほしい。かくしてR指定で笑える入れ替わり映画という、ありそうでなかった作品が完成した。

1ページ(全4ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv