クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

中村ゆり、儚さと強さが同居する存在感 “薄幸系”の役柄に感じるやりがい

映画

  • twitter
  • facebook
中村ゆり
中村ゆり クランクイン! 写真:高野広美

 儚さと力強さが同居する特別な存在感を放ち、映画やドラマに引っ張りだことなっている女優の中村ゆり。映画『愛のまなざしを』では悲しい思いを抱えて亡くなった女性を熱演。ドラマ『ただ離婚してないだけ』(テレビ東京系)では夫に不倫されたのち覚醒していく妻を演じて評判を呼ぶなどいわゆる“薄幸系”といわれる役柄を任されることも多いが、中村は「業の深い役は、役者としてもとてもやりがいがあります」と清々しく語る。アイドルとして芸能界入りをしてから「どんな経験も糧にできるのが女優のお仕事」と進化し続けてきた彼女が、これまでの転機やコロナ禍を経ての仕事への向き合い方の変化を明かした。

【写真】儚さただよう透明感が美しい! 中村ゆり、撮り下ろしショット

◆“悔やみであり、救いでもある”悲しい女性の役作りに試行錯誤

 『愛のまなざしを』は、万田邦敏監督による愛憎サスペンス。妻の死に罪悪感を抱き続けている精神科医の貴志(仲村トオル)が、肉親の愛に飢えていた孤独な女性・綾子(杉野希妃)と出会い、激しく求め合うようになるさまを描く。

映画『愛のまなざしを』ポスタービジュアル (C)Love Mooning Film Partners
 それぞれが愛を求めながらも、エゴや嫉妬にまみれていく展開が観る者の心をゾクゾクとさせるような物語で、中村は「人のダークな部分をえぐる、これぞ“万田ワールド”といった映画。覗いてはいけないものを覗いているような感じもあります」と本作に感じる魅力を吐露。「登場人物のみんなが苦しんで、狂っているけれど、ヒーローが出ている映画だけではなく、意外とこういった作品が誰かを救ったりすることもあると思っています」と語る。

 中村が演じるのは、貴志の亡くなった妻・薫役。貴志の心に住みついている存在として現れる場面もあり、演じるには難しい役どころだ。中村は「悲しい女性」と役柄を分析しつつ、「薫は、貴志にとっての悔やみでもあり、救いでもある存在。幽霊的で幻のようでもあります。“彼女は生きている間にどのようなことを考えていたのだろう”といろいろと想像しました」と万田監督と試行錯誤を重ねたという役作りを述懐。

映画『愛のまなざしを』場面写真 (C)Love Mooning Film Partners
 夫役を演じた仲村については「撮影前に私のことをウィキペディアで調べてきてくださったみたいで、私の出身地について“近くに住んだことがあるんだよ”とお話してくださったり(笑)。穏やかで気遣いのある、とても優しい方。完成作を観ると、トオルさんの持つ繊細な優しさが作品にも出ているなと感じました」と称えながら、「監督を筆頭に映画オタクのような人たちが集まった現場。誰もが心豊かにものづくりをしていました。すごく楽しかったです」と充実の撮影となった様子だ。

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv