クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

若きベテラン俳優・神木隆之介 同世代俳優が集まる“人たらし”の秘けつ

エンタメ

  • twitter
  • facebook
神木隆之介
神木隆之介 クランクイン! 写真:松林満美

 「もう準備できましたが、よろしければ」と予定時間より早く取材現場に現れた神木隆之介。物腰の柔らかさ、礼儀正しさも含めて「さすが神木君!」と思わず取材スタッフたちがつぶやいた「デキる人」。それも、彼のパブリックイメージのひとつだろう。そんな彼がさまざまなクリエイターが思い描く『撮休』シリーズで「神木隆之介」を演じる。

【写真】現在28歳 若きベテラン俳優・神木隆之介の素顔 プライベートでも日頃から撮影のイメージをしてしまう“職業病”

 ドラマや映画の撮影期間に突然訪れる休日、通称「撮休」を多忙な俳優はどう過ごすのか――知られざる“オフの姿”を新進気鋭のクリエイターたちが妄想を膨らませて描き、主演俳優が本人役を演じるオムニバスのWOWOWオリジナルドラマ「撮休」シリーズで、有村架純、竹内涼真に続いて主演を演じるのが、老若男女誰もが昔から知っている若きベテラン俳優・“神木君”こと神木隆之介だ。ある意味、妄想の「撮休」企画にまたとない被写体だろう。


 「本人役を演じるのは初めてでしたし、僕以外の人たちには役名があったので、不思議な感覚で。(共演者の一人)藤原季節くんを僕は普段、『季節』と呼んでいるんですが、季節くんは僕のことを『リュウちん』と呼ぶのに、僕は『季節』と言えないというような奇妙な難しさがありました(笑)。自分が普通にしゃべっていたら、成立する気楽さの一方で、実際には自分ではないので、『あれ、嘘なのかな。本当の撮休なのかな』『フィクションなのに、すごくリアルだな』と感じる絶妙な塩梅が難しかったです」。

 本人役を演じた印象をそう語る神木。リアルとフィクションが特に混沌とし、境目がわからなくなるのが、第1話「はい、カット!」だ。

 「子役出身の俳優がなるとされる架空のシンドロームが題材なのですが、これはある種の職業病で、撮影ばかりしていると、普段の日常でも全部フィクションなんじゃないかという錯覚に陥るという話なんですよね。僕自身、カメラも好きだということもあって、コンビニで買い物をしている時とか、『このカメラ位置なら、こう写っているんだろうな』とか、日頃から想像して楽しんでいるようなことがあるので、これは確かにあるな、と。どういうアングルだったらどういう写りになるか考えるのがクセになっていて、映像がすぐに出てきちゃうんです」。

 陥ってしまった“はい、カット!シンドローム”について神木に教えるのは、全話のゲストの中で唯一本人役を演じる安達祐実。「元天才子役」「若きベテラン」など共通点が多いが、共演した印象は?

 「安達さんは、実は怖い方なのかなと思っていたんですよ。以前、緑山スタジオで一回すれ違って、ごあいさつしたとき、スイッチが入った眼だったんですよね。勝手ながら、すごい迫力を感じちゃって『うわ、安達祐実じゃん! 本物見たわ』みたいな。背は僕より小さいんですけど、飲み込まれるような迫力をお持ちの方だなと感じたので、話しかけるときはドキドキしましたが、すごく優しい方でした」。

『WOWOW オリジナルドラマ 神木隆之介の撮休』第1話「はい、カット!」場面写真 (C)WOWOW
 ドラマの中では、神木がさまざまな人に「部屋が綺麗そう」「清潔感がある」「国民の子ども」などと言われる。いずれも多くの人が抱く「神木君」像だが、本人的に意外だったことは?

 「意外だったのは『そつなくこなす』というキーワードが出てきたこと。僕、そんなにそつなくこなしてます?っていう感じでしたね。長ぜりふもあまり覚えられないし、せりふ自体、練習しないと覚えられないし、苦手なことはもちろんいっぱいありますし。作品によっては、カットとか写り方でうまい風に撮ってもらっていることもたくさんあるので、自分では『そつなくこなす』気はしていないんですよ。でも、脚本を書いてくださった方々にとっては、僕ってそういうイメージなんだなと勉強になりました」。

次ページ

心の中ではいつも学生ノリを大事にしている

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る


関連情報

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv