クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『DCU』第7話ゲストに岡田浩暉 瀬能の幼少期や父を知る新たなキーマン

ドラマ

  • twitter
  • facebook
日曜劇場『DCU』第7話より笠原英伍役の岡田浩暉
日曜劇場『DCU』第7話より笠原英伍役の岡田浩暉(C)TBS

関連 :

岡田浩暉

阿部寛

横浜流星

 俳優の阿部寛が主演する日曜劇場『DCU』(TBS系/毎週日曜21時)の第7話(3月6日放送)に、俳優・ミュージシャンの岡田浩暉がゲスト出演することが発表された。瀬能の父を知る海洋研究所の博士で、今後の展開にも大きく関わる新たなキーマンを演じる。

【写真】明日海りお、『DCU』第6、7話にゲスト出演

 本作は、水中の捜査に特化した架空の組織「DCU(Deep Crime Unit)」を舞台に、水にまつわる事件・事故とそこに隠された謎に迫るウォーターミステリー。

 第6話(2月27日放送)では、水族館を舞台にした新たな殺人事件をDCUが捜査。だが決定的な証拠が見つからず、新名(阿部)には焦りの色が。第7話では、根岸那由(明日海りお)がプロデュースしたリモートダイビングVRのお披露目イベントが開かれるなか、海中のリモートカメラが何かに乗っ取られてしまう事態に。さらに、DCU本部には沖合での水上バイク爆発の報告が入る。爆発物の破片を回収した結果、那由のリモートダイビングVRで使用されているカメラとの関連が発覚し…。

 岡田が演じる、瀬能(横浜流星)の父親の元部下で、現在は東都重工海洋研究所の博士である笠原英伍は、第6、7話ゲストの明日海りお演じる水族館プロデューサー・根岸那由と共に、リモートダイビングVRを開発した責任者。幼い頃の瀬能を知る人物で、第7話で新たに起こるリモートカメラを悪用した事件の捜査に協力する。瀬能の父を知る人物が、今後DCUにどのように関わっていくのか…!?

 岡田は、昨年活動を再開したバンド・To Be Continuedでデビューし、1994年にはTBSドラマ『もしも願いが叶うなら』で俳優としても活躍の場を構築。日曜劇場の初出演作品は、2013年に放送された『半沢直樹』。以降、『IQ246~華麗なる事件簿~』『ブラックペアン』『下町ロケット』と数多くの作品に出演。本作主演の阿部寛とは『下町ロケット』以来の共演となる。今回は水中捜査官と技術開発者として、阿部と岡田が再びタッグを組み、白熱のシーンを繰り広げる。

 岡田は「『下町ロケット』の時にご一緒させていただいた阿部さんやスタッフの皆様と、また素晴らしい作品に携わらせていただけることに興奮と共に身の引き締まる想いでした。全体としてスピード感のあるセリフ回しの中で、関わってきた人との関係性や、科学に対する想いを台詞ににじませることが物語の深みに繋がると感じました。とても緊迫したスリリングなお話に、手に汗握ってご視聴いただけるよう頑張りたいと思います」とコメント。

 プロデューサー・伊與田英徳は、「何度もご一緒させていただいている大好きな俳優さんです。毎回、お芝居のテイストが違って驚かされています。同時に、独特の世界観を醸し出されていて、それは岡田さんにしか出せない雰囲気だと思っています。今回はさらに今までの岡田さんとは違ったイメージの役になっていますし、物語の重要なキーマンでもあります」と語っている。

 日曜劇場『DCU』は、TBS系にて毎週日曜21時放送。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv