クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

山寺宏一、自身発案の日本語吹替版に感無量! 『マーダーズ・イン・ビルディング』声優陣&予告解禁

海外ドラマ

 ドラマ『マーダーズ・イン・ビルディング』シーズン1&2の日本語吹替版が、声優・山寺宏一の発案・キャスティング協力によって制作され、ディズニープラス「スター」にて9月より独占配信されることが決定。山寺のキャスティング案が反映された声優陣と、シーズン1の日本語吹替版予告映像が解禁となった。

【動画】ドラマ『マーダーズ・イン・ビルディング』日本語吹替版予告編

 セレーナ・ゴメス8年ぶりの主演作にして、ハリウッド・コメディ界のレジェンド、スティーブ・マーティン、マーティン・ショートを含めた3人がメインキャラクターを務める本作。実録犯罪番組マニアという共通点から偶然意気投合した2人の小奇麗でおちゃめなおじさま“チャールズ”と“オリバー”、そして2人の孫ほど年の離れた女性“メイベル”という、同じ高級マンションに住む3人のご近所さんが、自分たちが暮らすマンションで突如起こった殺人事件の謎に迫っていく物語だ。自分たちが愛聴していた実録犯罪番組にあこがれ、この事件についてのポッドキャスト番組をスタートさせる3人が、事件の真相を追う中で互いのうそや悩みに向き合いながら絆を深めていく―。

 昨年のシーズン1配信スタート以降、Huluのコメディドラマの中で配信初日に史上最も視聴された作品(2021年9月時点)となるなど大ヒットを記録。エミー賞に新作ドラマとしては最多となる17部門のノミネートを果たし、日本でもシーズン2最終話の配信をあす8月23日に控え、ますますの盛り上がりを見せている。

 このたび、ディズニー・キャラクターを多数担当していることでも知られる声優・山寺宏一たっての希望により、本作の日本語吹替版の制作が決定。「作品を見てみたら、センスに溢れた作品で、ただのコメディではなく、ミステリーというのがベースになっているのがすごく楽しくて、たくさんの人に見てもらいたいと感じました。それから、ディズニープラスのイベントで『日本語吹替版作らないんですか?』という話をしました」という山寺の本作への熱い思いが実を結び、キャスティング協力という形で作品に関わることにもなったという。

 その結果、山寺の提案によって羽佐間道夫、林原めぐみ、戸田恵子、安原義人、山路和弘という実力派声優陣の共演が実現。さらに、内田夕夜、中村悠一、大西多摩恵、神尾晋一郎や、シーズン2から登場となるキーキャラクターとして、鳳芳野、斎賀みつき、勝生真沙子など、若手人気声優から作品に深みをもたらすベテラン声優までそうそうたる声優陣が本作に参加。

 メインキャラクターのチャールズ役を担当する、山寺も師匠と仰ぐ羽佐間は「戸田恵子さんと3人でご飯を食べている時に突然、『どうですか!? 羽佐間さん!』と山ちゃんから声をかけられたんですよ。そのまま山ちゃんに引きずりこまれましたね」と、山寺から誘いを受けた日のことを振り返る。

 さらに羽佐間は「実は収録にあたって、お願いだから1人で収録するのはやめてもらいたい、というお願いを制作の方にしたんです。やっぱり他の方とも同じシーンを一緒に収録をすることで、キャラクター同士の呼吸や空気感を作品に吹き込むというのをやりたかったんですよね。劇中の間やキャラクター達の掛け合いをものすごく自然に楽しんでもらえるんじゃないかと思います!」と、旧知の仲でもある山寺、林原との掛け合いに意欲をのぞかせる。

 共にメインキャラクターであるメイベルを演じる、山寺の盟友・林原は「実は、実写の吹替版は少し苦手意識があったのですが、こんな貴重なお話を伺えたので挑戦してみようかなと素直に思えました。一人収録も多い中、羽佐間さん、山寺さんとご一緒させてもらえていて、毎回、毎回ほんとうに楽しかったし、宝物の時間になりました!」とコメント。

 羽佐間、オリバー役の山寺との収録について林原は、日本語吹替版予告にも組み込まれているシーンが印象的だったようで「『大変! 大変! 大変!』って言いながらオリバーが階段を駆け下りるシーンあったんですが、ほんとに演じているキャストの方々がそのまま日本語を話しているんじゃないかっていう感覚になって、山ちゃんに思わず『うまいね~!』って言っちゃったんです笑。ほんとに収録の時間が楽しくてしょうがなかったんですよ!」と、収録現場の楽しい雰囲気が伝わるエピソードも披露した。

 山寺が姉と慕うジャン役を務める戸田は「羽佐間さんは山寺さんや私にとっても、リスペクトしているレジェンド。その人と、もう一回お仕事出来るというのが嬉しかった。オファーをもらった時は、まだドラマを見ていなくて中身も知らなかったんだけど、一気に見て、とにかく面白かった!それに、山ちゃんがすごく力を入れたキャスティングは、全部ドンピシャの素晴らしいものになっていると思います。そこに注目をして見てほしいです」と、山寺のキャスティングを絶賛。

 山寺は、自身がキャスティング協力という形で携わった配役について「誰がやったらこの作品が面白くなるんだろうという視点から純粋に考えました。それが実現したので、ほんとに夢がかなったという気持ちです。こんなにおもしろい作品に巡り合えて、さらに自分が共演したい人たちと一緒に作り上げることが出来たということが、本当に幸せです。この作品に携われて、声優をやっていてよかったなと本当に思いました」と語った。

 さらに本作について「いろいろな魅力がすごくたくさん詰まった作品ですが、ミステリーコメディの中に深い人間ドラマがしっかり描かれているのが大きな魅力。脚本・演出もとにかく作り込まれていて、ワンカットワンカットがとても洗練されています。これ以上面白い作品あるんだったら教えて欲しいですね!」と作品の魅力を熱くアピールした。

 ドラマ『マーダーズ・イン・ビルディング』シーズン1&シーズン2日本語吹替版は、ディズニープラス「スター」にて9月より独占配信予定。

ドラマ『マーダーズ・イン・ビルディング』日本語吹替版予告編

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv