クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『鎌倉殿の13人』頼家vs善児、まさかの結末に驚きの声続々「鳥肌」「地獄回」(ネタバレあり)

ドラマ

  • twitter
  • facebook
大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第33回「修善寺」より
大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第33回「修善寺」より(C)NHK

関連 :

梶原善

金子大地

NHK大河ドラマ

 小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第33回「修善寺」が28日に放送され、修善寺に幽閉された源頼家(金子大地)と暗殺を命じられた善児(梶原善)が対決。まさかの結末を迎えるとネット上には「鳥肌立った…」「息をするのも忘れるくらいの地獄回」などの声が続出した。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

【写真】義時(小栗旬)に“暗殺”を命じられる善児(梶原善) 『鎌倉殿の13人』第33回「修善寺」場面カット

 鎌倉では源実朝(嶺岸煌桜)を三代鎌倉殿とする新体制が始まり、北条時政(坂東彌十郎)が執権別当に就任。北条家が権力を磐石にする中、他の御家人たちは派手に権力をふるう北条家の人間を敬遠していた。一方、修善寺に閉じ込められた頼家は、自分こそ鎌倉殿であると考えて北条家への復讐を画策する。

 ある日、頼家が京の後鳥羽上皇に、北条家追討の院宣を願い出ようとしたことが発覚。時政と義時(小栗)は、頼家を討ち取る覚悟を決める。そして義時は下人の善児に頼家暗殺を命じる。

 その後、義時の息子・泰時(坂口健太郎)は、頼家に逃げるよう伝えるために修善寺を訪ねる。時を同じくして善児は修善寺へ潜入し、猿楽衆に変装し頼家に接近。泰時は変装した善児を見破り暗殺を阻止しようとするが、そこに善児の弟子・トウ(山本千尋)が乱入。泰時は気絶させられてしまう。

 そして対決することになった頼家と善児。頼家は一瞬の隙をついて善児に傷を負わせるが、背後からトウに襲われ絶命。その後、善児は雨が降る中、息を切らしながら「しくじった…」とポツリ。そんな彼を背後からトウがひと突き。正面に回ると、トウは怒りに満ちた表情で善児に「ずっとこの時を待っていた」とトドメを刺すのだった。

 頼家と善児の2人がまさかの最期を迎えると、ネット上には「鳥肌立った…」「言葉にならない」「壮絶すぎて気絶しそう」といったコメントや「いや本当、神回」「神回があるなら今日は闇回」「息をするのも忘れるくらいの地獄回」などの反響が相次いだ。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv