クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『母性』戸田恵梨香&大地真央、母娘の狂気の世界 異様なほど“そっくり”な新カット到着

映画

  • twitter
  • facebook
そこに“母性”はあるんか…? 映画『母性』“そっくり”親子を演じる大地真央&戸田恵梨香
そこに“母性”はあるんか…? 映画『母性』“そっくり”親子を演じる大地真央&戸田恵梨香(C)2022映画「母性」製作委員会

関連 :

戸田恵梨香

永野芽郁

大地真央

 戸田恵梨香が主演を務め、永野芽郁が共演する映画『母性』より、戸田演じる主人公ルミ子と大地真央演じるその実母との奇妙なほどの結びつきがにじむ新場面写真が解禁された。

【写真】戸田恵梨香&大地真央が母娘に 『母性』新場面カット

 本作は、累計発行部数120万部を突破した湊かなえの同名小説を映画化。ある未解決事件の語り手となる母娘を戸田と永野が演じるほか、物語に登場するひときわキャラの濃い母娘たちを、大地真央、高畑淳子、中村ゆり、山下リオが熱演。監督は廣木隆一が務める。

 戸田恵梨香と永野芽郁が演じる、娘を愛せない母と母に愛されたい娘の複雑な母娘関係が描かれる本作だが、映画の序盤では、いつまでも母の娘でありたいと願う“ルミ子”(戸田)という人格をつくりあげた人物であるルミ子の実母(大地)との異様な関係性も描かれる。

 このほど到着した場面写真でも、母に愛されることに喜びを感じ、自身も母を喜ばせたい気持ちが何よりも勝るルミ子が、髪型、洋服、そしてたたずまいまで母とうり二つになっている姿が収められている。また、自身も理想の母に近づきたいルミ子が娘を身ごもり、お産が近づき病院へ駆けつけたシーンでは、そこに夫の姿はなく、さもここにいるのが自然かのごとく見守る母の姿だけ…という、どこまでも母と娘の狂気に満ちた世界の一部が切り取られている。

 母娘の年齢差を感じさせず、合わせ鏡のような2人。脚本上でもルミ子と母は髪型や服装がそっくりという設定だったことで、戸田は「喋り方や考え方も一緒だろうと思いました。母役の大地真央さんをいかに観察するかによってルミ子像ができあがっていくんだろうなと想像し、その部分を大事にしました」と語っている。一筋縄でいかないルミ子の役作りの背景には、大地演じる母の姿があり、撮影前には大地の過去の出演作を鑑賞してしぐさや立ち居振る舞いの研究に努めたという。

 一方で、大地も同様に外見からこだわった役作りを振り返り、「ただただ純粋に娘を、その娘の子供である孫を、心の底から愛する気持ちを大切にしました。まるで姉妹のような親子ということで、ルミ子役の戸田さんと、衣装やヘアスタイルをなんとなく似せています。それと、初めて刺繍と編み物を特訓して、手元も実際にやりました」と、スクリーンではすべてが見えない細部まで意識したことを明かしている。

 また、元宝塚歌劇団トップスターという経歴も示すように、勝気でりりしい役のイメージが強い大地にとって、今回のひたすら上品な母親という役柄はチャレンジングだったようだ。大地は「比較的強い役が多い私が、ある意味浮世離れしているけれど、お料理が得意で家庭的な母のお手本のような“優しい母”を、どのように作り上げるかが挑戦でした。ご覧になる方によって、また何度か観ていただくことで、感じ方が異なる面白い映画だと思います。母と娘、それぞれの“母性”とは何か、映画館に足をお運びいただき、感じてください」とコメントを寄せている。

 映画『母性』は全国公開中。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv