クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

小沢仁志「映画くらいいいんじゃねえの?」還暦記念映画でコンプライアンスに真っ向勝負

映画

  • twitter
  • facebook
小沢仁志、映画『BAD CITY』完成披露上映会に登場
小沢仁志、映画『BAD CITY』完成披露上映会に登場 クランクイン!

関連 :

小沢仁志

坂ノ上茜

三元雅芸

勝矢

山口祥行

本宮泰風

かたせ梨乃

横山剣

園村健介

 俳優の小沢仁志が10日、都内で行われた主演映画『BAD CITY』の完成披露試写会に坂ノ上茜、勝矢、三元雅芸、山口祥行、本宮泰風、かたせ梨乃、主題歌を担当した横山剣(クレイジーケンバンド)、園村健介監督と共に出席。「最近は“コンプライアンスだ、セーフティだ”と世の中がうるさくて、堅苦しくて、クソ面白くないので。そういうのを取っ払って、映画くらいいいんじゃねえのっていう感じで。熱量のある作品を作りたかった」と製作総指揮、脚本、主演を務めた本作に込めた思いを吐露。「みんなの思いが一つになった渾身の一撃」と熱っぽく語り、会場から万雷の拍手を浴びた。

【写真】還暦記念の赤いスーツ姿で登場した小沢仁志

 “顔面凶器”、“Vシネマの帝王”など数々の異名を持つ小沢の、還暦記念映画として制作された本作。欲望が渦を巻く街・開港市を舞台に、ある事件を起こした罪で拘置所に拘留中の元強行犯警部・虎田(小沢)が、真の悪の存在を暴こうとするさまを描く。この日の小沢は、還暦記念の映画のお披露目とあって、真っ赤なスーツ姿で決めて登場した。

 100人以上にのぼる敵を相手に、CGなし、スタントなしのガチンコアクションに挑んだ小沢。「あまり今までスタントとか使ったことがない」そうで、「自分がやろうとしていることを、人がやっているのを見るとジェラシーが湧くので、スタントは使わないようにしている」と吹き替えなしのアクションにこだわる理由を明かす。園村監督は「本当に殴り合っているんじゃないかなと錯覚するような、生きたアクションを目指した」と語り、「二度とないくらいのメンバーが集まった」と豪華キャスト陣を見渡していた。

 またステージでは、それぞれがにぎやかにアクションの熱気や小沢の本気度について証言。勝矢は「アニイ(小沢)と山さん(山口)がラストで立ち回りをするシーンがある。僕は、山さんが日本で一番アクションがうまいと思っている。その山さんが汗でびちゃびちゃになっていた。スーツが絞れるくらい汗をかいていた。山さんじゃなかったら、あの2人の立ち回りはできなかった」とコメント。山口は「アクションチームがすばらしい殺陣をつけてくれたのに、この人が全然言うことを聞かないんですよ!」と現場での小沢の暴れっぷりを振り返り、「アクションって振り付けがあるのに、白いマントヒヒと戦っているみたいだった」と楽しそうに話していた。

 映画『BAD CITY』は、1月20日より新宿ピカデリーほか全国順次公開。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv