クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

劇場版「キントリ」記念 映画化でも大ヒットした刑事ドラマシリーズを振り返る

映画

劇場版『緊急取調室 THE FINAL』場面写真
劇場版『緊急取調室 THE FINAL』場面写真(C)2023劇場版「緊急取調室 THE FINAL」製作委員会

 人気ジャンルとして数多くの刑事ドラマが生み出されている中で、近年最も注目されてきたシリーズのひとつに挙げられるのが『緊急取調室』(テレビ朝日系)。2014年1月より4シーズンに渡りテレビ朝日系列で放送され、全39話の平均世帯視聴率は13.1%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録する大ヒットシリーズだ。そんな長年ファンに愛されてきた「キントリ」が、満を持して映画化する。そこで今回は、映画化でも話題を集めた代表的な刑事ドラマシリーズを振り返る。

【動画】緊迫感あふれる『緊急取調室 THE FINAL』本予告

◆映画は日本歴代興収ベスト10に君臨! 刑事ドラマの概念を覆した「踊る大捜査線」

 謎解きや銃撃戦、カーチェイスといった従来の刑事ドラマの定番を排除し、署内の権力争いや本庁と所轄署の駆け引きなどリアリティに満ちた警察組織の実情を描き、新しい刑事ドラマのあり方を示した大ヒットシリーズ「踊る大捜査線」。

 織田裕二演じる異色の主人公、企業の営業マンから転職したノンキャリアの刑事・青島俊作が、夢に見た理想の警察像との落差に押しつぶされそうになりながらも正義を貫こうとする姿に、日本中が夢中に。シリーズを重ねる度に強固になる、柳葉敏郎演じるキャリア警察官・室井との立場を超えた友情も人気を博した。そのほか、深津絵里、いかりや長介、ユースケ・サンタマリア、水野美紀など個性的な演技派キャストによる時にシリアスで時にコミカルなやりとりや、アドリブを多用した演出も熱狂的なファンを生んでいる。

 1997年から放送されたドラマは放送初回から高い視聴率をキープし、劇場版として公開された『踊る大捜査線』(1998年)は101億円、『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(2003年)は173.5億円、『踊る大捜査線 THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!』(2010念)は73.1億円、『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』(2012年)は59.7億円と、いずれも特大ヒットを記録。特に劇場版2作目『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』は、日本歴代興行収入ベスト10に今なお君臨する超人気作として知られている。

 他にも、青島以外を主人公としたスピンオフ映画や、数々のスペシャルドラマが公開・放送の度に話題を集めた。刑事ドラマ&映画化大ヒットの歴史を作ったシリーズとしても見逃せないタイトルだ。

次ページ

◆4度の映画化にスピンオフまで! ザ・バディものの金字塔「相棒」

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る