クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

キスマイ・玉森裕太が喜びのコメント! 『マイ・エレメント』主人公“水の青年”ウェイド役でピクサー映画日本版声優に

アニメ

映画『マイ・エレメント』日本版で主人公のウェイド役声優を務める玉森裕太
映画『マイ・エレメント』日本版で主人公のウェイド役声優を務める玉森裕太(C)2023 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

関連 :

玉森裕太

川口春奈

 Kis-My-Ft2の玉森裕太が、ディズニー&ピクサーによるアニメーション映画『マイ・エレメント』の日本版声優に決定。主人公の“水の青年”ウェイド役を演じる。

【別カット】玉森裕太、アフレコに挑む様子も公開!

 本作は、『トイ・ストーリー』の“おもちゃの世界”をはじめ、ユニークな“もしもの世界”を観客に届けてきたディズニー&ピクサーの最新作。「もしもエレメントの世界があったら、どんな性格で、どんな暮らしをしていているのか、どうやって触れ合う事ができるのか?」というピクサー史上最もチャレンジングなコンセプトで描かれる。

 先日5月12日に、主人公の1人で、アツくなりやすくて家族思いな“火の女の子”エンバーの日本版声優を川口春奈が務めると発表され、大きな話題を呼んだ。そして今回、もう1人の主人公、涙もろくて心やさしい“水の青年”ウェイド役の日本版声優に、Kis-My-Ft2の玉森裕太が決定した。

 火の女の子エンバーに新たな世界を見せ、彼女の中にある可能性を教えてくれるウェイド役の声優に求められるのは、エンバーを包み込む優しさを感じさせる声のトーン、背中を押してくれる説得力・芯の強さを感じさせる演技。重要なキャラクターだけに求められる要素が多いなか、玉森はUS本社のオーディションを経て、確かな演技力に加え、彼自身の真っすぐな人柄や優しい声音がウェイド像と合致することから、日本版声優の座を射止めた。

 玉森はもともとピクサー映画のファンだったということで、「まさかこうやって一緒にお仕事ができる日が来るんだ! という驚きもありましたし、嬉しかったです」と喜びを噛み締めながらも、「頑張らないと! という気持ちになりました」と身が引き締まる思いを感じたと語った。

 そんな強い気持ちで臨んだウェイドについては、「涙もろく、すごく優しい青年で、応援したくなるキャラクターです」と魅力を挙げる。また、「すごく素直で、全力で何かを伝えようとする感じや、色々な表情をするのでそれに対応できるよう、一生懸命やらせてもらいました」と振り返り、「ウェイドにしっかりと気持ちをのせてお芝居させていただいたので、色んな方にこの想いが届いたらいいなと思います」と自信を覗かせた。

 本作では、エレメントたちが共存する“エレメント・シティ”が色鮮やかに描かれる。ウェイド役として、その世界の住人となった玉森は、「エレメントたちの生き方や普段の過ごし方がとてもチャーミングでユーモアがあって、火だったらこういう動きになるな! とか、水だからこうなっちゃうんだ! と、そんな世界観にワクワクしました」と心を掴まれたことを明かした。

 一生懸命でアツくなりやすい“火のエレメント”エンバーと、流れに身を任せるタイプで自由な心をもつ“水のエレメント”ウェイド。正反対の2人が共に時間を過ごす中で、互いの心に少しずつ変化が生まれていく。玉森は「自分の中の凝り固まった考えも、自分と違う人や環境に触れ合うと、もっとこういうことが出来るのかもと思ったり、こういう可能性があるんだという気付きを2人が教えてくれました」と告白。

 そして最後に「今まで自分ではわからなかった自分の可能性に気づかせてくれ、心が温かくなる瞬間もあります。この正反対の二人の物語を劇場で味わっていただけたらなと思います」と作品の魅力を改めて強調した。

 アニメ映画『マイ・エレメント』は、8月4日全国公開。

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る