クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

妻夫木聡×渡辺謙がタッグ! テレ東60周年特別ドラマ『生きとし生けるもの』5.6放送 脚本は北川悦吏子

ドラマ

ドラマ『生きとし生けるもの』メインビジュアル
ドラマ『生きとし生けるもの』メインビジュアル(C)テレビ東京

関連 :

妻夫木聡

渡辺謙

北川悦吏子

 妻夫木聡主演、渡辺謙が共演するテレビ東京開局60周年特別企画ドラマスペシャル『生きとし生けるもの』が、5月6日20時より放送される。脚本は北川悦吏子、監督は廣木隆一。

【写真】ドラマ『生きとし生けるもの』主演の妻夫木聡 白衣の爽やかショット

 本作は、人生に悩む医者と余命宣告された患者の2人が、人は何のために生き、何を残すのかという永遠の問いの答えを求めながら各地を巡るヒューマンドラマ。

 人生に悩む内科医・佐倉陸を演じるのは、シリアスからコメディまで様々な役を演じ、映画『ある男』では日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど数々の話題作へ出演する妻夫木聡。妻夫木は、テレ東のドラマに初出演で初主演となる。

 佐倉陸を演じる妻夫木は、「こんなにも役と共に生きた感覚を得られたのは久しぶりでした。生きることは何なのか、僕自身も陸と共にオッサン(成瀬翔/渡辺)に導いてもらったような気がします。皆さんもこのドラマの中で、陸とオッサンと共に一緒に旅をしてもらいたい。そして、ドラマの中で精一杯生きる僕たちの想いを体感してもらいたい。きっと皆さんにも、幸せの瞬間が訪れることを確信しています」と語る。

 陸と旅をする余命宣告を受けている男・成瀬翔を演じるのは、日本を代表する俳優であり、映画『ザ・クリエイター/創造者』などハリウッドでも活躍を続ける、渡辺謙。今回、7キロの減量をするなど役作りをして本作に挑んだ。

 成瀬翔役の渡辺は、「北川さんは難病と向き合い、独特の死生観を持たれていた。彼女の感じてきた『生きること』『死に向かうこと』それを演じてみたいと思った。ある時は、薬の袋の裏に台詞を殴り書きしたという。彼女流の軽いやりとりの向こうに浮きあがる“死”。中々にハードルの高い作品だった」とコメント。

 物語を綴るのは、『ロングバケーション』(フジテレビ系)『ビューティフルライフ』(TBS系)など、数々のラブストーリーを生み出し、「ラブストーリーの神様」と呼ばれる脚本家・北川悦吏子。北川のデビューはテレ東で1989年に放送したドラマ『月曜 女のサスペンス』の中の一遍『赤い殺意の館』での共同脚本だった。それから30年以上の時を経て、北川がテレ東に帰ってくる。北川作品に妻夫木が出演するのは、『オレンジデイズ』(TBS系)以来20年ぶり。渡辺の出演は初となる。

 監督は、映画『余命1ヶ月の花嫁』『月の満ち欠け』『母性』など、数々の名作を生み出している廣木隆一が務める。

 また、放送に先駆け、本作のノベライズ文庫が3月6日に文藝春秋より発売される。

 テレビ東京開局60周年特別企画ドラマスペシャル『生きとし生けるもの』は、テレビ東京系にて5月6日20時放送。

※妻夫木聡、渡辺謙、北川悦吏子のコメント全文は以下の通り。

次ページ

<コメント全文>

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る