クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

“「踊る」プロジェクト”再始動! 室井慎次を主人公とした映画最新作、今年秋公開決定

映画

「踊るプロジェクト」再始動ビジュアル
「踊るプロジェクト」再始動ビジュアル(C)フジテレビジョン

 ドラマ『踊る大捜査線』、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』など、社会現象を巻き起こした「踊る」シリーズの最新映画が、今年秋に公開されることが発表された。

【動画】「あなたはまだ、室井慎次の全てを知らない」”踊るプロジェクト”映画最新作  スーパーティザー映像

 1997年の連続ドラマ開始以来、それまでの刑事ドラマとは一線を画し、警察内部の縦割り社会や上下関係、人間模様を描き、社会現象を巻き起こした「踊る」シリーズ。翌1998年に『踊る大捜査線 THE MOVIE』が公開されると、興行収入100億円超えの超大ヒットを記録。2003年公開の映画第2弾『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』では、興行収入173.5億円を記録し、20年以上経った今もなお、邦画実写記録の圧倒的頂点に君臨している。

 『踊る大捜査線 THE MOVIE』公開当時は、日本にシネコンが台頭してきた頃、まだ事前予約制などなかった時代。公開初日には、チケットを購入すべく、熱狂的な踊るファン達が有楽町・日劇のまわりを何重にも列を作り、全国の劇場で連日立ち見の満員御礼、異例のロングランを記録するなど、数々の伝説を打ち立てた。そして、これまでに公開した映画シリーズ6本の累計興行収入は、487億円、累計動員数3598万人を超え、「踊るプロジェクト」はまさに伝説となっている。

 脱サラをして湾岸署刑事課に配属された異色の警察官、織田裕二演じる主人公・青島俊作、柳葉敏郎演じる本庁のキャリア組の室井慎次を始めとして数多くの魅力的なキャラクターが登場し、刑事の理想と現実とのギャップに困惑しつつも、真摯に事件に向かっていく。正しいことをするために走り続ける青島刑事と仲間たちの物語を、時に熱く、時にユーモアを交えながらリアルな描写で描き、人気を博した。

 また、「踊る」シリーズの大きな魅力のひとつといえば、所轄の刑事・青島と、本庁のキャリア組の室井との“熱き友情”。「事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ!」「組織の中で生きる人間こそ信念が必要だ」「リーダーが優秀なら組織も悪くない」…数々の名言が生まれ、所轄の刑事と本庁のキャリアという、本来ならば分かり合えない2人がぶつかり合いながらも、それぞれの立場でお互いを尊重し思いやる姿に日本中が胸を熱くした。

 多くのファンから今でいう“神回”と言われたドラマ最終話「青島刑事よ永遠に」のラストシーンでは、青島が室井に「俺、頑張れます。俺と同じ気持ちの人が上にいてくれるんですから。現場の刑事はあなたに期待しています。お願いします。」と語りかける。室井が熱意ある青島と出会い、一緒に働くことによって、本庁と所轄の縦割り構造を廃止すべきだ、と実感、行動に移す。そして、2人は「あんたは上にいろ。俺には俺の仕事がある。あんたにはあんたの仕事がある」という約束を交わすー。1997年3月18日のドラマ最終話放送。あの“青島と室井の約束”から27年の時を経て、2024年3月18日ドラマ放送時間であった21時に突如公式サイトが開設されビジュアルとスーパーティザー映像が初解禁された。

 映画最新作の主人公は室井慎次。もちろん主演は柳葉敏郎が務める。公開は今年の秋となる。制作チームは、日本の映画史に金字塔を打ち立ててきたレジェンド制作陣、亀山千広(プロデュース)、君塚良一(脚本)、本広克行(監督)が再集結する。

 「踊るプロジェクト」映画最新作は、2024年秋公開。

”踊るプロジェクト”映画最新作 <スーパーティザー映像>

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る