『帰還兵はなぜ自殺するのか』映画化、主演は『セッション』のマイルズ・テラーか

映画

  • twitter
  • facebook
マイルズ・テラー
マイルズ・テラー(C)AFLO

 ノンフィクション作品『帰還兵はなぜ自殺するのか』の映画化が決定。そのメインキャストとして、アカデミー賞3部門を受賞し、日本でも大ヒットを記録した映画『セッション』で知られる注目俳優マイルズ・テラーが交渉中と米メディアが報じた。

【関連】若き音大ドラマーVS伝説の鬼教師『セッション』場面写真

 ピューリッツァー賞作家のディヴィッド・フィンケルによる同作品では、戦争による重い心身的なストレスを抱えながら、家族の待つ「普通の」生活に戻った帰還兵たちの苦悩が描かれている。

 監督・脚本は『アメリカン・スナイパー』の脚本でオスカー候補になったジェイソン・ホール。監督としては初めての作品になる。当初は、監督にスティーブン・スピルバーグを、主役にダニエル・デイ=ルイスを迎える予定だったが、脚本を読んだスピルバーグ自身がホールが指揮を執ることを勧めたと言う。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access