クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

上白石萌音×杉野遥亮×横浜流星、『L・DK』新作で三角関係に

映画

  • twitter
  • facebook
『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』キャストビジュアル
『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』キャストビジュアル(C)「2019 L・DK」製作委員会

関連 :

上白石萌音

杉野遥亮

横浜流星

 女優の上白石萌音、俳優の杉野遥亮、横浜流星が、映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』に出演することが発表された。恋愛映画初挑戦となる上白石は「言ったことも言われたこともない台詞や、ドキドキするシチュエーションに、顔が火照りっぱなしでしたが、真心で人とぶつかっていく主人公の葵に勇気をもらい、わたしも真っ直ぐにお芝居をしたつもりです」とコメントしている。

【写真】『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』キャストビジュアルフォトギャラリー

 「壁ドン」が話題を呼んだ超人気少女コミック『L・DK』を基にする本作が描くのは、原作でも絶大な人気を誇る「玲苑編」。恋人同士となり、二人きりの同居を始めた西森葵(上白石)と久我山柊聖(杉野)の関係は、友達にも内緒。そんな中、突然に柊聖のいとこ・玲苑(横浜)がやって来て、2人は秘密を知られてしまい、まさかの3人同居がスタートする。

 葵役の上白石は、本作で初挑戦したキスシーンに関して「穴があったら入りたい!と本気で思いましたが、優しいリードでとても安心感がありました。キスシーンに限らず、杉野さんと横浜さんには心身共に支えて貰っていました。お互いに緊張して、念入りにケアをしすぎて…とても爽快なミントの味でした(笑)」と振り返っている。

 柊聖役の杉野は、初共演の上白石に関して「既に付き合っているという距離感から始まるので、その関係性を表現していくのが難しかったです。上白石さんは作品に臨む上での立ち居振る舞いや、役に対しての理解度や在り方、それに向かっていく姿勢が、正直で一生懸命で偽らないところが魅力的でした」と絶賛。

 玲苑役の横浜は、初挑戦した壁ドンを「初めての壁ドンだったので不思議な感覚でしたが、監督と相談しながら、原作に忠実に、かっこ良い壁ドンになったと思います」と回想。また「共演した杉野くんとはプライベートでも仲が良いからこそ『いとこ』という関係をよりリアルに出せたと思いますし、杉野くんの撮影の立ち振る舞いなどに、刺激を受けました。柊聖が杉野くんでよかったです!」と話している。

 映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は2019年3月21日全国公開。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access