クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • ドラマ・アニメ見逃し配信中!
  • クラインイン!コミック

鈴木保奈美の「私は喧嘩っ早い」発言に小池栄子「カッコいい」

エンタメ

  • twitter
  • facebook
フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』記者会見にて
フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』記者会見にて クランクイン!

関連 :

木村文乃

小池栄子

鈴木保奈美

 女優の木村文乃、鈴木保奈美、小池栄子が20日、都内でフジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』の記者会見に出席した。「もし現実にドロドロな愛憎劇に巻き込まれたら?」との質問に鈴木が「私は喧嘩っ早いですが、ドロドロ引きずることなく、パッと行ってサクッと終わって帰ると思う」と答えると、小池が「カッコいい~」と感心していた。

【写真】フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』記者会見フォトギャラリー

 連続ドラマや単発ドラマ、劇場版、舞台版も製作された人気ドラマシリーズの最終章。暴れん坊将軍としてもあまりに有名な徳川第8代将軍・徳川吉宗の時代を舞台に、女たちのプライドをかけた戦いを描く。シリーズ初参加の木村は「率直に申しますと、『なぜ私が!?』という気持ちでした。でもご縁は運とタイミングなので、ありがたくお受けしました」と話した。

 豪華絢爛な役衣装で登場したキャスト陣は、約15mの真っ赤な特製大奥ランウェイを闊歩。劇中で披露する着物について木村は「私だけで23ポーズもあって3時間の中で全部を着させていただき、ファッションショーみたいでした。帯も着物も全部新しく作ってもらいましたが、金額を聞いてビックリして尻込みしてしまう気持ちもあった」と恐縮。ところが竹姫役の浜辺美波の衣装は「トータルで2000万円超と聞いて、それを目の前にすると少しは気持ちが軽くいられるなぁと思いました」と笑わせた。

 また「もし現実にドロドロな愛憎劇に巻き込まれたら?」と聞かれた木村は「逃げます! 私は庶民として生きていく、と、まず逃げます」と即答。小池は「戦う人だと思われがちだけれど、争いごとは好きではない」とパブリックイメージを否定し「太鼓持ち的な感じで『この人はこう言っていた』『あの人はこう言っていた』とみんなにいい顔をしてクラスで1人ぼっちになった経験があるので、同じように告げ口魔になって嫌われてハブられる」と自虐した。

 一方の鈴木が「私は喧嘩っ早いですが、ドロドロ引きずることなく、パッと行ってサクッと終わって帰ると思う」と答えると、小池は「カッコいい~」と羨望の眼差しだった。

 フジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』は、3月25日20時放送。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access