クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

テイラー・スウィフト&ロイド=ウェバーが共同制作 『キャッツ』新曲メイキング解禁

映画

  • twitter
  • facebook
映画『キャッツ』新曲「Beautiful Ghosts」メイキング風景(左から)アンドリュー・ロイド=ウェバー、テイラー・スウィフト
映画『キャッツ』新曲「Beautiful Ghosts」メイキング風景(左から)アンドリュー・ロイド=ウェバー、テイラー・スウィフト(C) 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

関連 :

テイラー・スウィフト

アンドリュー・ロイド=ウェバー

 1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルを映画化する『キャッツ』より、ボンバルリーナ役を務める歌手のテイラー・スウィフトと、作曲を手がけるアンドリュー・ロイド=ウェバーが共同制作した新曲「Beautiful Ghosts」のメイキング映像が到着した。

【写真】映画『キャッツ』ロゴビジュアル

 本作は、イギリスを代表する詩人でありノーベル文学賞を受賞したT・S・エリオットの詩集を元に、ミュージカル『オペラ座の怪人』のアンドリュー・ロイド=ウェバーが作曲を手掛け、『レ・ミゼラブル』のキャメロン・マッキントッシュがプロデュースしたミュージカルを映画化。アンドリューと共に巨匠スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮に名を連ねる。メガホンを取るのは映画『レ・ミゼラブル』で歴史的ミュージカルの映画化を成功に導いたトム・フーパー監督。『レ・ミゼラブル』のスタッフも再集結する。

 キャストには、白猫のヴィクトリアを、英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルダンサーを務めるフランチェスカ・ヘイワードが演じ、コメディアンや司会者として人気を集めるジェームズ・コーデンがバストファージョーンズを務める。さらに映画『ドリームガールズ』で第79回アカデミー賞助演女優賞を受賞したジェニファー・ハドソンがグリザベラとして出演し、グラミー賞32回ノミネート、10度の受賞経験を持つ世界的人気シンガーのテイラー・スウィフトもボンバルリーナとして出演する。

 今回解禁されたメイキング映像は、テイラーとウェバーが共同制作した新曲「Beautiful Ghosts」のメイキングや、テイラー、ウェバー、フーパー監督が楽曲について語るインタビューを収めたもの。「脚本は(主人公の)ヴィクトリアの視点で書かれているから、彼女のための歌が必要だと話した。(「Beautiful Ghosts」は)物語の中で重要な核となっている部分だ」と明かすウェバー。テイラーも「映画版にオリジナル曲を入れたくて。最高の歌を作ろうと意気込んだわ」と語り、一丸となって制作へ取り組んだことをうかがわせる。

 フーパー監督も「テイラーが書いた歌詞は信じられないほど美しかった。本作のすべてを完全に理解した上で書いたかのようだった。感激したよ」と絶賛。そして、テイラーは「T・S・エリオットは独特な言葉や表現を使う詩人だから、それを反映させたくて彼の作品をすべて読んだわ」とストイックな姿勢を明かし、「『キャッツ』に今風の歌詞は合わないから、T・S・エリオットに代わり、このT・S(テイラー・スウィフト)がいるの」とお茶目にコメント。映像の最後でテイラーが歌う「Beautiful Ghosts」は、本編の最後、エンドクレジット版として披露される予定となっている。

 映画『キャッツ』は2020年1月24日より全国公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access