クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

メキシコのアッパー主婦たちの激しいマウンティング合戦『グッド・ワイフ』予告解禁

映画

映画『グッド・ワイフ』ポスタービジュアル

映画『グッド・ワイフ』ポスタービジュアル(C)D.R. ESTEBAN CORP S.A. DE C.V.,MEXICO 2018

 メキシコ・アカデミー賞4部門を受賞した、アッパークラスの主婦たちのマウンティング合戦を描く映画『グッド・ワイフ』より、予告編とポスタービジュアルが解禁された。

【写真】映画『グッド・ワイフ』フォトギャラリー

 メキシコの新鋭の女性監督アレハンドラ・マルケス・アベヤの長編2作目となる本作は、メキシコを代表する女性作家グアダルーペ・ロアエサによる社会風刺の効いた小説『Las Ninas Bien』が原案。舞台となるのは、第91回アカデミー賞で外国語映画賞ほか3冠に輝いたアルフォンソ・キュアロン監督作『ROMA/ローマ』から10年後となる、最悪の経済危機に見舞われた1982年のメキシコ。裕福な夫の“妻”として生きる女たちのマウンティング合戦を通して、現代女性にとっての愛や結婚、さらにはアイデンティティを模索する社会派ドラマだ。

 2018年のトロント国際映画祭でのワールドプレミアを皮切りに、多くの国際映画祭で絶賛され、2019年のメキシコ・アカデミー賞では13部門にノミネートされ、主演女優賞ほか4部門を受賞した。

 1982年、メキシコシティの高級地区ラスロマス。実業家の夫との間に3人の子供に恵まれたソフィアは、高級住宅街にある美しい豪邸で満ち足りた生活を送っていた。セレブ妻たちのコミュニティに女王のごとく君臨していた彼女は、証券会社の社長を夫に持つ、垢抜けない“新入り”アナ・パウラの出現が気に入らない。そんな中、歴史的なメキシコの経済危機が到来し、富裕層を直撃。突如として、ソフィアの完璧な世界は崩壊し始める…。

 今回解禁された予告編では、主人公のセレブ妻の“女王”ソフィアを始めとする1980年代当時のアッパークラスの主婦たちの贅沢な暮らしぶりと、女たちの激しい“マウンティング”バトルが展開。続いて1982年にメキシコを襲った経済危機をきっかけに、ソフィアの完璧な世界が脆くも崩れ去ってゆく様が映し出されていく。本作の見どころのひとつである、当時最先端だったゴージャスなファッションやライフスタイル、カルチャーも垣間見ることができるきらびやかな映像となっている。

 ポスタービジュアルは、主人公のソフィアがゴージャスなファッションに身を包んでうっとりする姿を切り取ったもの。その横には「女は誰でもお姫様を夢見てる」と意味深なキャッチコピーが添えられており、1980年代の華麗なファッションと鋭い社会風刺が織りなす本作への期待が高まるビジュアルとなっている。

 映画『グッド・ワイフ』は7月10日より全国順次公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access