クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『エール』“語り”津田健次郎、俳優として登場 ネット驚きと歓喜の声

エンタメ

  • twitter
  • facebook
突如登場した津田健次郎 『エール』第97回より
突如登場した津田健次郎 『エール』第97回より(C)NHK

 俳優の窪田正孝が主演を務めるNHK連続テレビ小説『エール』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第20週「栄冠は君に輝く」(第97回)が27日に放送され、本編の語りを担当する声優の津田健次郎が俳優として劇中に登場。ネット上には津田の姿について「顔も良き」「かっこいい」などの声が集まった。

【写真】津田健次郎、突然の登場に視聴者びっくり

 第97回のオープニングタイトルで、キャスト陣の中に語りを担当している津田の名前が「犬井 津田健次郎」としてクレジット。ネット上には「演者さんのとこに津田健次郎の名前っ!!」「津田さん出るの!?」といった反響が寄せられた。

 本編が始まると、裕一(窪田)と鉄男(中村蒼)は、戦前に歌手デビューを果たしていた藤丸(井上希美)と再会。そして裕一と鉄男は、藤丸を通じて音信不通となっていた幼なじみの久志とも再会する。しかし、かつての“プリンス”は、戦後の農地改革で実家・福島の屋敷と土地を奪われ、さらに父を亡くしたショックから酒と博打に溺れていたのだった。

 すっかり荒んだ生活を送っていた幼なじみを立ち直らせるために、後日再び久志の元へ赴く裕一。しかしそこには仲間と共に麻雀に興じる久志の姿があった。

 そんな久志の麻雀仲間の1人・犬井を演じていたのが本作で語りを担当する津田。犬井にふんした津田が大きな役で上がる久志に対して、ひときわ耳に心地よい低音ボイスで「地獄だなぁ…」とつぶやいてみせたり「勝ちっ放しじゃなねぇか」と悪態をつくと、ネット上には「あれっ?麻雀うってたの津田さん?」「久志の麻雀仲間にツダケンさんいた!」などのコメントが殺到。

 さらに突然訪ねてきた裕一に対して犬井が「なんだぁコラ…?」とすごむシーンで津田の顔がアップになると、ネット上には「顔も良き」「津田さんかっこいい」といった投稿も相次いだ。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv