クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

小日向文世&草刈民代、竹野内豊主演『イチケイのカラス』出演

ドラマ

ドラマ『イチケイのカラス』に出演する(左から)小日向文世、草刈民代

ドラマ『イチケイのカラス』に出演する(左から)小日向文世、草刈民代(C)フジテレビ

関連 :

竹野内豊

黒木華

小日向文世

草刈民代

 俳優の竹野内豊が主演を務め、女優の黒木華が共演する4月スタートのドラマ『イチケイのカラス』(フジテレビ系/毎週月曜21時)に、俳優の小日向文世と女優の草刈民代が出演することが発表された。小日向は伝説の刑事裁判官、草刈は最高裁のエリート判事役を演じる。

【写真】竹野内豊&黒木華、初日から“対照的な”バディぶり 『イチケイのカラス』撮影スタート

 本作は、民放連続ドラマでは初となる、刑事裁判官が主人公のリーガルエンターテインメント。竹野内が自由奔放で型破りな東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称イチケイ)の裁判官・入間みちお役、黒木が入間とは真逆の堅物タイプな裁判官・坂間千鶴役を演じる。

 小日向が演じる駒沢義男は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部の部長。任官してから30年以上ずっと刑事裁判官一筋のベテランで、いつもニコニコと笑みを絶やさず、ユーモアに満ちた温厚な人物だ。マイペースな入間を温かく見守り、時には入間に反発する坂間を諭し導いていく。自身の経験を元に“刑事裁判官の心構え”をまとめた本を自費出版しており、「裁判官人生が変わるから」と、ことあるごとに坂間に売りつけようとするセコい一面も。その目的はスマホゲームに課金するための資金稼ぎであり、イチケイメンバーにとってはおなじみの光景だ。

 出世コースに縁が無いまま、62歳にしてイチケイの部長止まりである駒沢だが、実は有罪率99.9%といわれる日本の刑事裁判において、30件あまりの無罪判決に関わっている伝説の裁判官。かつて入間が弁護士バッジを捨てるきっかけとなったある事件の裁判にも深く関わっており、入間を裁判官の道へ導いた師でもある。互いに信頼を寄せ合い、固い絆でつながる入間と駒沢。入間と駒沢の知られざる過去、そして2人が誓った野心が徐々に明らかになっていく、

 小日向は「駒沢は柔らかい人柄で、裏表なく、真実に対してとにかく真面目に向き合っている人です」と自身の役柄について明かし、「少し堅い話かなと思われるかもしれませんが、今までに見たことがない世界を知ることができる内容になっていますし、魅力的な俳優陣がそろっていて面白いです」とメッセージを寄せた。

 一方、草刈が演じる最高裁判事の日高亜紀は、女性初の最高裁長官のポストに最も近いと言われている超エリート。坂間の司法研修所時代の上席教官であり、同じ長崎県出身の女性裁判官として、何かと坂間のことを気に掛けている。坂間にはいずれ最高裁事務総局でキャリアを積んでほしいと考えており、事件の処理件数が信じられないほど少ないイチケイを立て直すために坂間を送り込んだ。そんな日高のことを坂間は尊敬し慕っており、彼女の前ではつい長崎弁が出てしまうほど気を許している。

 実はこの日高こそが、入間が弁護士バッジを捨てるきっかけとなった裁判で裁判長を務めていた人物。長い月日がたった今でもなお、入間にとって日高は因縁の相手であり、一方、日高にとっても入間は目障りな存在で、坂間を使って入間に関する情報を収集しようとするなど警戒心を抱いている。

 草刈は「米連邦最高裁判事だったルース・ベイダー・ギンズバーグさんのドキュメンタリー番組を見て、“なんてカッコいい人だろう”と思っていました。それが、まさか自分が最高裁判事を演じることになるなんて。日本に15人しかいない特別な存在です。イチケイの個性豊かな裁判官とはまた違うタイプの裁判官の姿をお見せできればいいなと思っています」と意気込みを語っている。

 ドラマ『イチケイのカラス』は、フジテレビ系にて4月より毎週月曜21時放送。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv