クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

松坂桃李、4月期ドラマ主演で“入れ替わり”ラブコメ ヒロインは麻生久美子&井浦新が“二人一役”

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『あのときキスしておけば』キャスト陣(左から)井浦新、松坂桃李、麻生久美子
ドラマ『あのときキスしておけば』キャスト陣(左から)井浦新、松坂桃李、麻生久美子(C)テレビ朝日

関連 :

松坂桃李

麻生久美子

井浦新

 俳優の松坂桃李が、4月スタートのドラマ『あのときキスしておけば』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)にて主演を務めることがわかった。本作は、恋愛ドラマの名手として知られる脚本家・大石静によるオリジナル作品で、前代未聞の“入れ替わり”ラブコメディー。共演の麻生久美子と井浦新が、“二人一役”のヒロインを演じる。

【写真】4月期ドラマで主演を務める松坂桃李

 松坂が演じるのは、壊滅的にポンコツで、夢も覇気もなく生きていたスーパーの従業員・桃地のぞむ、32歳独身。唯一の趣味が漫画を読むことだった桃地は、ある日、大好きな漫画の作者・唯月巴と出会い、お近づきに。しかし、いい感じになり始めた矢先、彼女は事故で帰らぬ人になってしまう。涙にくれる桃地の前に現れた見知らぬおっさんの口から出たのは衝撃的な言葉だった。「モモチ、私が巴なの」。最愛の人を失った上に、見知らぬおっさんにわけのわからないことを言われてしまった桃地を次々と奇想天外な出来事が襲う。

 麻生が演じるのは、人気漫画『SEIKAの空』の作者・唯月巴る。“蟹釜ジョー”という名前で執筆活動をしている大ヒット作家で、超お金持ちだが、桃地と出会い、接していくうちに少しずつその価値観を変えていく。しかし桃地への思いに気づいた矢先、事故で帰らぬ人になってしまい…。しかも見知らぬおっさんの中に魂だけ入ってしまったことが分かる。

 そんな唯月の魂が乗り移ってしまうのが、井浦演じる“中年のおじさん”田中マサオ。桃地が働くスーパーにも出入りする清掃員だが、沖縄行きの飛行機で桃地と唯月の隣の席に乗り合わせて不慮の事故に遭い、唯月の魂が体に乗り移って、姿カタチはおじさん(=マサオ)でも中身は女性(=唯月)として生きていくことに。物語が進むにつれ、マサオの正体も分かっていくことになる。

 桃地×大好きな彼女 or 見知らぬ中年のおじさんの“入れ替わり”ラブコメディーで主演の松坂は「台本を読んだ時、これは新しいジャンルの作品だ。予測のつかない面白さが生まれる気がしました。正直、一体どういうことなんだろう? と何度も読み返しては読み進める、そんな本でした」と振り返る。「誰しも人生で一度は『あの時、こうしておけばよかった』と思う瞬間を経験しているのではないでしょうか。そんな瞬間を柔らかくポップに皆様にお届けできるように作り上げていきたいです」と意気込みを明かす。

 麻生は「私が演じる唯月巴は強さと弱さを併せ持った、才能溢れる天才。その人物を私と井浦新さんの二人で演じるという新たな挑戦をします。“二人一役”という、共同作業が必要になりそうなところもまた私にとっていい経験になると思いますし、キャラクターに深みが出そうで楽しみです」と期待。

 井浦は「僕自身、“ラブコメ”は初めてで、46歳にして“ラブコメ”をやるなんて思ってもいなかったですし、ヒロインを演じるのも初めて。チャレンジづくしの良い機会をいただいたので、今まで見たことのない井浦新をお見せしたいと思っています」とメッセージを寄せている。

 脚本を手掛ける大石は、「この作品はジェンダーフリーな世界観を提示しています。そしてすべての人が抱えている終わる命の宿命や、生まれ出た以上、強く人を愛してこその人生であるという想いを込めて書いています。でもあまり難しいことを考えず、予測不能な展開のラブコメディーを楽しく笑って見ていただけたら、うれしいです」と話している。

 金曜ナイトドラマ『あのときキスしておけば』は、テレビ朝日系にて4月より毎週金曜23時15分放送。

1ページ(全3ページ中)

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv