クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『映画大好きポンポさん』楽曲入り本予告公開 歌唱はバーチャルシンガー・花譜

アニメ

アニメーション映画『映画大好きポンポさん』キービジュアル

アニメーション映画『映画大好きポンポさん』キービジュアル(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/映画大好きポンポさん製作委員会

 アニメ映画『映画大好きポンポさん』より、バーチャルシンガー・花譜が歌う挿入歌入りの本予告が解禁。ボカロPのカンザキイオリが主題歌・挿入歌計3曲を手掛けることも発表された。

【動画】劇場アニメ『映画大好きポンポさん』本予告

 杉谷庄吾【人間プラモ】(プロダクション・グッドブック)による同名漫画をアニメ化する本作は、映画を愛する青年と映画に愛された女性が、映画制作を通して“自分”を見つけ出す姿を描く。監督と脚本を務めるのは平尾隆之。キャラクターデザインは足立慎吾。アニメーションは、『この世界の片隅に』チームが立ち上げた制作会社CLAPが担当する。

 敏腕映画プロデューサー・ポンポさんのもとで製作アシスタントをしているジーン。映画に心を奪われた彼は、見た映画をすべて記憶している映画通だ。映画を撮ることにも憧れていたが、自分には無理だと卑屈になる毎日。だが、ポンポさんに15秒CMの制作を任され、映画づくりに没頭する楽しさを知るのだった。ある日、ジーンはポンポさんから次に制作する映画『MEISTER』の脚本を渡される。伝説の俳優の復帰作にして、頭がしびれるほど興奮する内容。なんと、監督に指名されたのはジーン。新人女優をヒロインに迎え、波乱万丈の撮影が始まろうとしていた-。

 60秒、30秒の2バージョンで解禁された本予告は、「ポンポさんが来ったぞーっ!」の声と共に始まる。60秒バージョンでは「現実から、逃げて逃げて、ここ以外に逃げ場所なんてどこにもなくて…」「物語が頭にあふれて来ることが、まれにある」「映画だけが、夢見る心を満たしてくれたの」と、監督を目指す主人公ジーン、敏腕プロデューサー・ポンポさん、女優を夢見る少女ナタリーそれぞれの映画への強い思いと共に各キャラクターのカットインが展開される。

 ポンポさんにデビューを告げられて驚き、そして「やっぱり、私がヒロインなんて変なのかな…」と意気消沈するナタリーの姿、「映画は1人では作れない。それがどれだけ大変な事かわかる?」というポンポさんの厳しく真剣な声に続き、花譜による本作の挿入歌「例えば」が流れ始める。突き抜けるようなハイトーンボイスと連動するように夢に向かうキャラクターたちの奮闘する姿が映し出される。

 挿入歌は花譜の歌う「例えば」と、DUSTCELLのボーカル・EMAが歌う「反逆者の僕ら」の2曲。オープニングナンバーはミュージカル女優・新妻聖子が歌う「Dance On Fire」。主題歌は4月末発表される。

 アニメ映画『映画大好きポンポさん』は、6月4日より全国公開。

劇場アニメ『映画大好きポンポさん』本予告

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv