クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

白濱亜嵐、新人時代の苦労を明かす 『泣くな研修医』リモート記者会見

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『泣くな研修医』リモート記者会見に出席した(左から)恒松祐里、野村周平、白濱亜嵐、木南晴夏、柄本時生
『泣くな研修医』リモート記者会見に出席した(左から)恒松祐里、野村周平、白濱亜嵐、木南晴夏、柄本時生

関連 :

白濱亜嵐

木南晴夏

野村周平

柄本時生

恒松祐里

 EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐が主演を務めるドラマ『泣くな研修医』(テレビ朝日系/毎週土曜23時)が、初回放送を1週間後に控えた17日にリモート記者会見を開催。主演の白濱を始め、出演者の木南晴夏、野村周平、柄本時生、恒松祐里らが登壇した。

【写真】『泣くな研修医』キャスト陣の新人時代の写真

 本作は現役外科医・中山祐次郎の小説デビュー作にしてベストセラーの『泣くな研修医』(幻冬舎文庫刊)が原作。これまでの医療ドラマであまり描かれることがなかった、研修医たちのリアルを描くと共に、現代の医療が抱える問題も映し出していく。

 白濱が演じるのは、地方の大学医学部を卒業して上京し、都内総合病院の外科で研修することになった研修医の雨野隆治。厳しい現実に打ちのめされながらも“医師”という職業への強い思いと熱意を失わない隆治が同僚の研修医たちと共に成長していく姿が描かれる。

 記者会見にはスクラブに白衣を羽織ったキャスト陣が登場。白濱は「4月を迎えて新しい環境に身を置く方も多いと思います。この作品は、僕たち同期4人も研修医になったばかりの設定で、目の前の壁にぶつかったり、葛藤したりと、共感していただける内容になっていると思います」とコメント。

 記者会見ではドラマの内容にちなんで、キャスト陣が新人時代の“泣きたくなった”エピソードを、新人時代の写真と共に披露するという展開に。

 白濱はEXILEの新メンバーを決めるオーディションに合格した直後の写真を公開し「高校1年生で愛媛から上京した頃、東京の駅が難しくて、乗り換えがわからず新宿駅から出られなくなったことがあるんです。その時は、電車にまともに乗れない自分に泣きたくなりました」と語り「さすがに今は乗れるんですけど、新宿駅と渋谷駅の構造はイマイチ理解できていないですね」と明かした。さらに「EXILEとしてのデビューとなる、2014年のEXILEの新メンバーを決めるオーディションに合格した瞬間は、泣いていましたね」と新人時代を振り返った。

 続けて野村が「16歳のデビュー当初、泣くシーンで泣けなくて、泣きたくなりましたね。カットがかかった後に悲しくて涙が出たりするんですよ」と新人時代の苦労を語ると、木南も「『泣けないんですー!』って監督に泣きついたことがあります(笑)」と明かし、キャスト陣みんなが激しく共感した様子。

 また、撮影現場の雰囲気を聞かれると、白濱は「(野村)周平がムードメーカー。ずっとしゃべってます」と明かすと、野村は「みんなが時生くんの写真を撮っています」と言及。恒松も「インスタの検索を見ると、その人の好きなものの傾向がわかるんですが、それを見せあっています」と現場での過ごし方を披露し、雰囲気のよさをアピールした。

『泣くな研修医』は、テレビ朝日系にて今月24日より毎週土曜23時放送。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv