クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『silent』紬と想は別れるしかないのか? 未来を握る春尾の言葉

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『silent』第10話より
ドラマ『silent』第10話より(C)フジテレビ

関連 :

川口春奈

目黒蓮

風間俊介

 川口春奈主演、目黒蓮共演で贈る、音のない世界でふたたび出会ったふたりが織り成すラブストーリー『silent』が、15日、最終回前夜となる第10話の放送を終えた。思い合いながらも、前に進もうとしない青羽紬(川口)と佐倉想(目黒)に、周囲は「なぜ付き合わないのか」と疑問をぶつける。そこには、「変わらない紬と変わってしまった自分」に苦しむ想の姿があった。

【写真】紬(川口春奈)と想(目黒蓮)は別れるしかないのか? 最終回目前『silent』第10話を振り返り

 高校卒業以来、8年ぶりに再会した親友の湊斗(鈴鹿央士)や高校時代の仲間から、「全然変わっていない」と言われ、笑顔を見せていた想。しかし湊斗とふたりきりで話していた際、「耳が聞こえない以外、何も変わってないって言ってくれたけど」と話し始め、「変わったことが大きすぎる」と告白した。真剣なまなざしに、想がまた紬の前から黙って姿を消すのでは?と不安を覚えた湊斗は、「また青羽になにも伝えないで勝手にいなくなるとかは、絶対許さないから」と伝える。想を大事に思うと同時に、「もう部外者だから」と言いつつ、湊斗はいまも紬のことを好きなのだと、捨てられずにいる(紬が好きな)パンダのぬいぐるみが物語っていた。

 親友の言葉に、想は、紬に自分の気持ちを伝えなければならないと決心する。かつてLINEで別れを告げたとき「電話もできなくなるし、一緒に音楽も聴けなくなる。そう分かってて一緒にいるなんて」できなかったと伝える想。そして今、会えば会うほど、昔以上に、紬を好きになっていく。かつて想像したつらさを超えた、孤独、寂しさ、苦しさに襲われる。過去が輝いているから、今はもっと好きだから、そして未来を思うからこそ、もう近づきたくない。「青羽の声、思い出せない」と涙を溢れさせる想の気持ちが痛いほど分かるから、紬も涙を流すしかない。

 ふたりは別れるしかないのだろうか。

 本作では想と紬のカップルと並行して、奈々(夏帆)と春尾(風間俊介)のストーリーが描かれてきた。春尾と再会の時間を楽しむ奈々が「なんで手話、仕事にしたの?」と尋ねる。ろう者とコミュニケーションを重ねることで、自分でも分かり合えるかもしれないと思ったという春尾。でも言葉の意味を理解することと、相手の思いが分かることは違ったと悟る。そして「桃野さんみたいな人は桃野さんしかいなかった」と明かす。さらに「結局は、伝えたいとか、受け取りたいとか、そういう気持ちがあるか」と語った春尾。大事なのは「桃野さんみたいな人は桃野さんしかいなかった」という、春尾がたどり着いた事実だ。

次ページ

■紬と想、ふたりにとっての「変わらぬ人」

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv