クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

川栄李奈に聞く、“朝ドラ”ヒロインを経験しての変化、30代へ向けての目標

アニメ

  • twitter
  • facebook
川栄李奈
川栄李奈 クランクイン! 写真:上野留加

 先日まで放送されていた連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK)でヒロインを務めていた川栄李奈。クランクアップ直後に挑んだ作品が、劇場版30作品目となる『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』での声優の仕事だ。リアルな芝居と声の演技という違いはあるものの、朝ドラを経験して「身に付いているな」と感じたことがあったという川栄に、その変化と30代に向けての新たなる目標について聞いた。

【写真】髪ばっさり ショートヘアになった川栄李奈(写真10枚) ■声の仕事はいつまでたっても不安だらけ



 女優業と同時に声優の仕事も着実に経験を積み、本作では屁祖隠(へそがくれ)ちよめという、物語に重要な役割を果たすキャラクターを演じた。ちよめはくノ一であり妊婦というぶっ飛んだ設定であり、劇中では派手なアクションシーンも披露する役だ。

 「本当にすごい役ですよね(笑)。アクションも多く、どんな加減で表現したらいいのか、すごく難しかったです。声優のお仕事は5~6回目なのですが、いまだにコツがつかめないんです。これまで私は声優さんとご一緒に収録したことがなく、間近でお芝居しているのを見たことがないので、テクニックを勉強することもできなくて…。いつも不安だらけで毎回手探り状態です」。

 とは言いつつ、これまでの作品でも川栄の声の表現力を高く評価する声は多い。国民的アニメーションとしてゴールデンウィークの風物詩となっている『映画クレヨンしんちゃん』シリーズでも、ゲスト声優という立場でありつつも、登場シーンは多く、製作陣の期待の大きさがうかがえる。しかし「それでも…」と川栄は顔を曇らせる。

 「やっぱり声のお芝居は、本職ではない人間が混ぜていただいている…という印象が拭えず、何度経験させていただいても『自分で大丈夫なのかな』と思ってしまうんです。逆に役者の仕事は、動きを含めて全部自分がベストだと思ったものをやっているので、責任も自分と割り切れるぶん、あまり不安ではないんです」。

■30代に向けて1つ1つ丁寧に作品に取り組みたい


 本作のアフレコは、川栄がヒロインとして出演していた連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』がクランクアップして間もなく行われた。声の芝居で、しかも役も全く違うということで、何か大きく変化したか…ということは「まだ分からない」というが、“なんとなく”感じたことはあったという。

 「作品によって毎回違うキャラクターを演じるので、いつも作品に入る前は『難しいな』と感じるのですが、朝ドラで膨大な脚本に数ヵ月ずっと触れていたので、本を読んでキャラクターを理解するスピードが上がったというか、スッと役をイメージできるようになった気がします。逆にちょっと脚本から離れると、セリフの覚えが遅くなったり、役が入ってこなくなったりするので、やればやるほど脚本の読み方というのは、身に付いていくのかなと思っています」。

 AKB48を卒業してから約7年。2月には27歳を迎え、これまでの時間を「がむしゃらに突っ走ってきた」と振り返った川栄。

 「本当にAKB48を卒業してから、ドラマや映画などを毎回2~3本掛け持ちするようなスケジュールでやらせてもらい、たくさんの経験を積むことができました。そんな中、30代も見えてきた今は、1つ1つの作品をより深く丁寧にやっていけたらいいなと思っています」。

次ページ

■映画の現場をたくさん経験したい

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv