クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

中谷美紀「過去を悔やんでも仕方ない」 達観した死生観を明かす

映画

中谷美紀、達観した死生観を明かす
中谷美紀、達観した死生観を明かす

 『ツリー・オブ・ライフ』のテレンス・マリック監督が、40年に渡ってライフワークとしてきた宇宙と生命の壮大な足跡を、美しい映像美で描き出したドキュメンタリー映画『ボヤージュ・オブ・タイム』が公開を迎えた。本作でオスカー女優ケイト・ブランシェットが担当した語りの日本語版を女優・中谷美紀が務めた。「あまりの美しい映像に圧倒された」という中谷に、作品の持つ世界観や解釈、自身の死生観などを聞いた。

【関連】「中谷美紀」フォトギャラリー

 本作でマリック監督は、ビッグバンによる宇宙の誕生から、生命の息吹、進化の過程、そして現在の文明までを、天文学、生物学、哲学、物理学、人類学などさまざまな分野の教授や研究者たちの叡智を結集し、圧倒的な映像美を作り上げた。中谷は「私の中の美の基準として、美しいものに触れると心や魂が喜び、呼吸が止まりそうになったり、楽になったりするのですが、本作では緊張と緩和が交互にくるような圧倒的な美しさに満ち溢れた映画でした」と興奮気味に語る。

 さらに「作品の根底に流れているものは、地球の始まりと終わりや、美しさと醜さ、人間の愚かさと自然の大いなる賢さなど、対極にある二つのものを映し出しながらも、そのどちらも存在するのが世の中なんだということを教えてくれるんです」と付け加える。

 本作で中谷は“語り”を担当している。「実はあまりにもケイト・ブランシェットさんの語りが素晴らしかったので、なぜ私が吹き替えをする必要があるんだろうって考えてしまったんです。もちろんお仕事をいただけるのはありがたいですし、こんな素晴らしい映画に携われるのは、この上なき幸せなのですが……」と胸の内を明かしたが、「字幕を追ってしまうと、どうしても思考の力が働いてしまう。ダイレクトに感じてもらうためには、日本語の声が必要なんです」という製作サイドからの意見を聞いて「ようやく腑に落ちた」と中谷は語る。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access