クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

神尾楓珠、“ただのイケメン”にならない決意 「演技で見せられるようになるしかない」

映画

神尾楓珠
神尾楓珠 クランクイン!

 若手俳優の神尾楓珠が清水崇監督最新作『樹海村』で、ホラー映画に初参加。新たな挑戦を続けている。“国宝級イケメン”とも称される彼だが、事務所に入りたての頃に社長から言われた「ただのイケメンになるな」との言葉が、今でも強く心に残っているという。「そのために何をしたらいいのかというのは、とても難しいこと。とにかく演技で見せられるようになるしかない」と力強い眼差しを見せる神尾が、ホラー映画の現場の面白さや、俳優業にかける思いを語った。

【写真】笑顔がイケメンすぎる神尾楓珠

■ホラー映画に抱いていた興味と好奇心

 興収14億円超えのヒットを記録した『犬鳴村』に続く、「恐怖の村」シリーズ第2弾となる本作。富士の樹海を舞台に、“コトリバコ”と呼ばれる呪いの箱の恐怖を描く。

 神尾は「小さな頃から“ホラー映画って、どうやって撮っているんだろう”と好奇心や興味があった」そうで、「それが実際に体感できると思うとワクワクしました」とにっこり。また「小さな頃に観たホラー映画で、一番印象に残っているのは『呪怨』です。ものすごく怖かったですね。今回、清水監督からお声がけいただき、“『呪怨』を撮った人だ!”と素直にうれしくて」とJホラーの巨匠とのタッグも、大きな喜びだ。


 神尾が演じたのは、山田杏奈と山口まゆ演じる、呪いに翻弄される姉妹の幼なじみの輝。実際にホラー映画の撮影現場に飛び込み、たくさんの新鮮な体験ができたという。

 「CGでやるのかなと思っていたところも手作業で行っていたりと、思っていたよりもアナログな手法で撮影しているんだなと、驚きました。画面上では見えないところでスタッフさんがいろいろなものを動かしていたり、アイデアを絞って見せ方を考えている。スタッフさんの動きを見ているのも、とても面白かったです。また僕も特殊メイクをさせていただきましたが、現場ではそういったメイクをした出演者の人が、普通に休憩していたり、携帯をいじったりしていて。ちょっとシュールでしたね」と思わず笑顔がこぼれる。

■夜の樹海の撮影は「怖かった!」と恐怖するも充実感いっぱい

 「一度入ったら迷って出てこられない」などさまざまな噂が絶えない富士の樹海で、撮影を敢行。神尾は「実際に樹海で撮影をすると聞いて、“ヤバいな”と思いました」と苦笑いで述懐。

 「でもみんなと一緒でしたし、スタッフさんについていけば、脱出できる。スタッフさんと離れなければ大丈夫だと思っていました。もうそこは、スタッフさん頼み!」とチームワークで乗り切ったが、「とはいえ、やっぱり夜の樹海は怖かったですね。真っ暗で、少し先すら見えない状態。“これ以上、先に入ったらまずい”と言われている場所があって、そこはとても神秘的で、ゾッとするような雰囲気がありました」と語る。


 その他にも、キーアイテムとなる「コトリバコ」は「禍々しい感じが出ていて、見ていても怖いな! と思うような仕上がり」、「現場では“『コトリバコ』が映ると、映像が乱れる”という話があった」など、恐怖体験も味わったという神尾。一方、撮影現場の雰囲気は「笑いの絶えない現場。清水監督が、冗談好きなんですよ」と明るい雰囲気だったようで、「山田杏奈ちゃんとは、これまでにも何度か共演させていただいて。本番になると、スイッチが入ったようにいつもとは違った表情を見せるので、すごいなと思っています。また國村隼さんなどベテランの方とも共演させていただいて、とても貴重な経験ができた現場でした」と充実感をにじませる。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv