クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『鎌倉殿の13人』後妻打ちで“義経”菅田将暉が暴走 狂気の笑顔に視聴者騒然「おそろしい子」

ドラマ

  • twitter
  • facebook
大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第12回「亀の前事件」より
大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第12回「亀の前事件」より(C)NHK

 俳優の小栗旬が主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)第12回「亀の前事件」が放送され、頼朝(大泉洋)の妾・亀(江口のりこ)の館を前に義経(菅田将暉)が暴走。狂気の宿る表情と言動が描かれるとネット上に大きな反響が寄せられた。

【写真】破壊された亀(江口のりこ)の館の前で呆然とする頼朝(大泉洋)たち 『鎌倉殿の13人』第12回「亀の前事件」場面カット

 政子(小池栄子)が懐妊し頼朝の嫡男誕生への期待が高まる中、義時(小栗)らは頼朝の子が生まれる準備を進める。ほどなく政子は男の子を出産。そんな折、頼朝が妾の亀を館に住まわせ、そこへ日参していたことが発覚。この事実は瞬く間にひろがり政子の耳に入ってしまう。激怒する政子に継母のりく(宮沢りえ)は、前妻が後妻に報復する“後妻打ち(うわなりうち)”という風習を教える。

 政子の報告を手伝うことを買って出たりくは、兄の牧宗親(山崎一)に依頼し、頼朝に灸を据えるために亀の館を少しだけ壊すよう依頼する。この動きを察知した義時は、活躍の機会がないと不満を持っていた義経に、頼朝に尽くす大事な役目として、館の見張りを依頼する。

 そしてその日の夜。松明を持って館を見張る義経の前に、従者を引き連れた宗親が現れる。宗親は義経に、館が頼朝の妾のもので、政子の指示で壊しに来たと説明。そして宗親は義経に「手伝うてくれへんか?」と声をかける。この展開に、ネット上には「うわぁ〜〜〜色々とややこしくなっていくうぅぅぅ…」「義経ーー!火に油」などの声が続出。

 宗親から手伝うよう誘われた義経は、武蔵坊(佳久創)の名を呼ぶと、不敵な笑みを浮かべ「派手にいけ」と命令。さらにハツラツとした表情で他の従者たちに「威勢よくやれぇ!」と館の破壊を命じる。義経の暴走ぶりに、ネット上には「義経ノリノリで草」「めっちゃイキイキしてる義経www」「義経めっちゃいい笑顔」といったコメントが集まる一方で「義経の狂気…」「この笑み…ヤバい」「目がキラキラしている。怖い」「義経おそろしい子」などの投稿も相次いだ。

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv