山口紗弥加、髪振り乱して涙で絶叫…怒りの演技に反響 『ブラックスキャンダル』第7話

エンタメ

  • twitter
  • facebook
『ブラックスキャンダル』に出演する山口紗弥加
『ブラックスキャンダル』に出演する山口紗弥加 クランクイン!

 女優の山口紗弥加が主演するドラマ『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週木曜23時59分)の第7話が15日に放送され、ヒロインを演じる山口が涙を流しながらの怒りの演技を披露すると、視聴者から「息止まる」「圧巻の迫力」「涙顔がたまらない」などの声がSNSに寄せられた。

【写真】髪を振り乱し、涙で絶叫する熱演見せた山口紗弥加

 勅使河原純矢(安藤政信)に、自分が藤崎紗羅であることを打ち明けた亜梨沙(山口紗弥加)は、勅使河原友和(片岡鶴太郎)に復しゅうするつもりだと純矢に告げる。一方、「フローライト」の新社長になるジョーンD(マイケル富岡)は、社員たちに「私が社長になったら、タレントもマネージャーも、ともに整理をする」と言い放つ…。

 亜梨沙は純矢に対して「これから私は、あなたの父親に最後の復しゅうをします」と宣言。かつての婚約者の決死の覚悟に純矢は「俺にも手伝わせてくれ」と応える。この展開に視聴者からは「仲間になった!」「純矢さんをどう使うのか?」「仲間になったけど、今のラスボスがラスボスとは思えない」などの声がネット上に寄せられた。

 純矢の協力もあり、亜梨沙は5年前の不倫会見にまつわる“金の流れ”をつかむことに成功。彼女は、友和に対して自分が紗羅であることを明かし、不倫会見に関する金の流れを突きつける。「どうするつもりだ?」と問う友和に対して、亜梨沙は飄々と「すべてマスコミに公表します…フローライトは終わり、当然あなたも」と言い放つ。

 “事務所を守るために必要な金だった”と言い訳する友和に対して、亜梨沙の怒りは徐々に頂点へ。友和に近づいた亜梨沙は「どうしてあのときは私を守ってくれなかったんですか?」と問いかけると、目からは大粒の涙が。この演技に視聴者からは「涙顔がたまらない」「美人がこういう役をやると迫力が出るよね」などの反響が。

 さらに亜梨沙は「私がどんな地獄を見てきたかわかる!」と涙ながらに絶叫。髪を振り乱しながら「心の底から自分がやったことを悔い改めて謝罪しろ!」と激怒する。亜梨沙を演じる山口の気迫みなぎる熱演に、SNSには「圧巻の迫力」「怒りと泣きの演技が迫力ありすぎ」「テレビ見ながら息止まる」などの声が殺到した。

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access