クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

モトーラ世理奈の感情があふれる『風の電話』予告&本ポスター解禁

映画

 モデルで女優のモトーラ世理奈が主演を務め、俳優の西島秀俊、三浦友和、西田敏行と共演する映画『風の電話』より、傷ついた少女の出会いと再生を情感豊かに描く予告編とポスタービジュアルが解禁された。

【写真】映画『風の電話』フォトギャラリー

 2011年に岩手県大槌町在住のガーデンデザイナー・佐々木格氏が、死別した従兄弟ともう一度話したいという思いから自宅の庭に設置した「風の電話」。本作は、東日本大震災以降、「天国に繋がる電話」として、3万人を超える人々が訪れているこの「風の電話」をモチーフにした初の映像作品。

 東日本大震災で家族を失った一人の少女が、広島から故郷の岩手に帰り、「風の電話」にたどり着くまでの道程を通し、傷ついた心の救済や、人々が忘れかけている大切なものをテーマに描く。監督は、『2/デュオ』(1997)で長編監督デビュー以来、『M/OTHER』(1999)、『ライオンは今夜死ぬ』(2017)などを手掛け、欧州で圧倒的評価を受けている諏訪敦彦。

 17歳の高校生ハル(モトーラ世理奈)は、東日本大震災で家族を失い、広島に住む伯母・広子(渡辺真起子)の家に身を寄せている。心に深い傷を抱えながらも、常に寄り添ってくれる広子のおかげで日常を過ごすことができたハルだったが、ある日、学校から帰ると広子が部屋で倒れていた。自分の周りの人が全ていなくなる不安に駆られたハルは、あの日以来、一度も帰っていない故郷の大槌町へ向かう。

 広島から岩手までの長い旅の途中、憔悴して道端に倒れていたところを助けてくれた公平(三浦)、今も福島に暮らし被災した時の話を聞かせてくれた今田(西田)。さまざまな人と出会い、食事をふるまわれ、抱きしめられ、「生きろ」と励まされるハル。道中で出会った福島の元原発作業員の森尾(西島)と共に旅は続いていく。そして、ハルは、家族と「もう一度、話したい」という想いを胸に、導かれるように故郷にある<風の電話>へと歩みを進める。

 予告編は、駅のホームでハルに「どこに行くの?」と話しかけられた少年が「風の電話に」と答える場面からスタート。次いで、震災から8年が経ったある日突然、伯母・広子が倒れ、「どうして全部奪うの!」と叫ぶハルの姿や、故郷を目指す彼女に訪れるさまざまな出会いが映し出されていく。

 豪雨被害にあった広島で年老いた母と暮らす公平、ハルと同じく震災で家族を失った森尾、かつての故郷の景色に想いを馳せる今田など、旅の中で出会った人々の「それでも生きていく」という強さに触れ、次第に光を取り戻していくハル。そんなハルに、森尾は「お前が死んだらな、誰がお前の家族のこと思い出すんだよ」と力強く告げる。そして最後は「もしもし、ハルだよ」と切なく語りかけるハルの声に続き、白い電話ボックス<風の電話>が映し出されて映像は幕を閉じる。

 ポスタービジュアルは、<風の電話>を中心に、モトーラ、西島、三浦、西田を上下に配置したデザイン。ヒロインの儚い表情や、彼女に再生する力を与える男たちの切実で温かい表情が印象的なビジュアルとなっている。

 映画『風の電話』は2020年1月24日より全国公開。

映画『風の電話』本予告

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access