クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

沢田研二、宮本信子、菅田将暉、永野芽郁ら『キネマの神様』心に焼き付くキャラビジュアル解禁

映画

  • twitter
  • facebook
映画『キネマの神様』キャラクタービジュアル
映画『キネマの神様』キャラクタービジュアル(C)2021「キネマの神様」製作委員会

関連 :

沢田研二

志村けん

菅田将暉

宮本信子

永野芽郁

 歌手の沢田研二が主演を務める山田洋次監督の最新作『キネマの神様』より、主人公ゴウとその妻・淑子、それぞれの現在と若き日の姿を写し出すキャラクタービジュアルが解禁された。

【写真】沢田研二、宮本信子、菅田将暉、永野芽郁、映画『キネマの神様』キャラクタービジュアル

 松竹映画100周年を記念し企画された本作は、作家・原田マハによる同名小説を映画化。かつて映画の撮影所で名監督やスター俳優に囲まれながら夢を追い求めた主人公ゴウは、時を経て家族にも見放されたギャンブル好きのダメ親父となっていた。だが、ゴウが信じ続けた“映画の神様”が、ひとつの家族に奇跡をもたらす。

 本作では当初、3月に死去した志村けんさんが主演を務め、俳優の菅田将暉と2人1役でそれぞれ現在パートと過去パートの主人公を演じる予定だった。志村さんにとっては21年ぶりの映画出演で初主演作になるはずだったが、志村さんは新型コロナウイルス感染のため3月に出演を辞退し、同月29日死去。沢田がその役を引き継いだ。沢田の映画出演は14年ぶり、山田監督作品への参加は1982年の『男はつらいよ花も嵐も寅次郎』以来38年ぶりとなる。

 新たに公開されたビジュアルには、沢田演じる主人公ゴウと菅田演じる若き日のゴウ、そして宮本信子演じるゴウの妻・淑子、永野芽郁演じる若き日の淑子の姿が写し出されている。

 沢田演じるゴウは無類のギャンブル好きで、家族にも見放されたダメ親父。日々ギャンブルに明け暮れるゴウだが、実は一つだけ賭け事以外の趣味がある。それは“映画”。大好きな“映画”を語る時、ゴウは生き生きとし、そのまなざしは愛に満ちあふれる。ビジュアルの中のゴウも穏やかで、かつて自分がたどった“銀幕の旅路”に思いをはせているようにも思える。対して若き日のゴウのまなざしは熱い。カチンコを片手に映画制作に全身全霊を傾けるその力強い視線からは、みじんの曇りも感じられない。2人のゴウの今と昔、果たしてかつての映画青年に何があったのか?

 ゴウの人生を語る上で欠かすことのできないのが、ゴウの妻・淑子。家庭を顧みない夫に業を煮やしながらも、なんだかんだとゴウを支えてきた。ビジュアルからもひしひしと伝わる愛情あふれる笑顔が、彼女の懐の深さを物語る。そして若き日のゴウがひそかに思いを寄せていた若き淑子。ゴウが通う食堂で働いていた彼女の存在は、撮影所仲間のテラシンと共に映画漬けの生活を送っていたゴウに、ほんのりと淡い恋の風を届ける。

 さらに注目なのは、それぞれのビジュアルに映り込む鮮やかな感光と背景。登場人物たちの記憶の断片をフィルムに映し出しているかのように見えるその淡い光が差し込むことで、本作の公開に込められた作り手たちの温かな思いが虹の架け橋によってつながり、一つの物語としてさらなる輝きを放っている。

 映画『キネマの神様』は2021年全国公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access