クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

名取裕子、沢村一樹と16年ぶり共演 『東京地検の男』にエリート検察官役で参戦

ドラマ

  • twitter
  • facebook
ドラマ『東京地検の男』より(左から)市川猿之助、沢村一樹、名取裕子
ドラマ『東京地検の男』より(左から)市川猿之助、沢村一樹、名取裕子(C)テレビ朝日

関連 :

沢村一樹

名取裕子

市川猿之助

矢本悠馬

 女優の名取裕子が、沢村一樹主演のドラマスペシャル『東京地検の男』(テレビ朝日/3月24日20時)に出演することが発表された。本作で女性初の検事長を目指すエリート検察官役を務め、沢村と16年ぶりの共演を果たす。

【写真】『法医学教室の事件ファイル』では名取裕子&宅麻伸が“真珠婚式ショット”を披露

 『東京地検の男』は、沢村演じる正義感は強いが少し変わり者の東京地検の検事・東丸信助が、先入観をもたずに被疑者と向き合い、執念深く事件の真相を追い求める姿を描く痛快検察ドラマ。東丸とコンビを組む検察事務官を矢本悠馬、特捜部のエリート検事・三枝浩一を市川猿之助が演じる。

 そしてこのたび、同局の人気ドラマシリーズ『京都地検の女』で、“主婦の勘”をもとに難事件を解決に導く検事・鶴丸あやを演じた名取が、『東京地検の男』に出演することが決定。本作で名取は、“庶民派検事・鶴丸あや”から一転、 「巨大な検察組織で自分の意志を貫くには偉くなるしかない!」という考えのもと、女性初の検事長の座を狙うエリート検察官・剣崎亮子を演じる。

 剣崎は、検察庁という巨大組織において、かじ取りの一角を担っていると自負しているため、検察の本来の職務から逸脱してでも真相を追い求める庶民派検事・東丸が暴走してしまわないか危惧している。その一方で、強い正義感をもった彼を応援したい気持ちも持ち合わせている。しかし、東丸の行動が自身の出世に悪影響を及ぼす可能性をはらんだ時、剣崎の取る行動は…。果たして彼女は、東丸の敵なのか。それとも味方なのか。

 主演の沢村とは、ドラマ『年下のひと』(2005)で恋人役を演じて以来、約16年ぶりの共演となる名取。「その時もいろんな話をして大笑いしていた思い出があるんですが、久しぶりにお会いしても全然変わっていなかったですね」と振り返り、「今回の(沢村演じる)東丸はちょっと“男・鶴丸あや”っぽいですよね、『主夫の勘』みたいな(笑)。キリッとした役もいいですが、のほほんとした沢村さんも面白いなと思いました」と主人公・東丸の印象を語った。

 また本作は、名取のアイデアで、市川演じるエリート検事・三枝がお茶を点てるカットが追加されているが、もともと歌舞伎の大ファンだという名取は「猿之助さんとご一緒できるのをすごく楽しみにしていたんですけど、期待を裏切らない面白さでしたね!『こんなにやってもらっていいの!?』というくらい、予想をはるかに超えるいろんなことをしてくださいました(笑)」と、市川の演技を絶賛。

 そして「コロナだけでなく、いろいろなことでみんなが閉塞感を抱えている今、このドラマを観ている間だけでもスカッとした気分になって、留飲を下げて楽しんでいただければと思います。立場の弱い人たちが報われる…そういう世の中であってほしいという願いも込めて、前向きな気持ちになれる作品だと思いますので、ぜひドラマの醍醐味を味わってください!」と視聴者にメッセージを寄せた。

 主演の沢村は、そんな名取について「とても気配りをしてくださる一方で、本当にあっけらかんと『私、天然だから!』と言っちゃうような方なので、実は名取さんご本人と、僕が演じる東丸のキャラクターが少し似ているな、と思っていました」と印象を明かし、「長年『京都地検の女』で主演を張られた名取さんと、この『東京地検の男』でご一緒できて光栄です!」と共演の喜びを語っている。

 ドラマスペシャル『東京地検の男』は、テレビ朝日系にて3月24日20時放送。


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv