クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

星野源、3年ぶり映画主題歌書き下ろし 菅田将暉主演『CUBE』最新予告解禁

映画

  • twitter
  • facebook
映画『CUBE 一度入ったら、最後』場面写真
映画『CUBE 一度入ったら、最後』場面写真(C)2021「CUBE」製作委員会

関連 :

菅田将暉

星野源

 俳優の菅田将暉が主演する映画『CUBE 一度入ったら、最後』の主題歌が、星野源による書き下ろし新曲「Cube」に決定。同曲入りの最新予告映像が新規場面写真と共に解禁された。

【動画】『CUBE 一度入ったら、最後』星野源の主題歌入り90秒予告

 本作は、1997年に公開され、密室サスペンスの先駆けとして世界中でカルト的人気を誇るヴィンチェンゾ・ナタリ監督による映画『CUBE』を、日本の実力派俳優陣により、ナタリ初の公認リメークとして制作。菅田のほか、杏、岡田将生、田代輝、斎藤工、吉田鋼太郎が出演する。

 星野の映画への新作書き下ろしは、2018年の『映画ドラえもん のび太の宝島』以来3年ぶり。主題歌「Cube」は、「未来閉ざした もう終わりさ すべてに希望が見えない 振られた賽の中 閉じ込められた」という歌詞で始まり、突然謎の立方体に閉じ込められた男女6人の情景が浮かぶ、本編に寄り添った曲となっている。

 星野は「オファーを頂き、カナダのオリジナル版と完成したばかりの日本リメイク版の『CUBE』を観ていると、その猟奇的な内容にこれまでになかったような新しい自分の音楽が作れる予感がしました。楽曲制作に入り、己と映画から受け取ったテーマをぶつけてみると、怒りにも似た爆発するようなエネルギーが生まれていき、それを音と言葉に封じ込めました。ぜひ、わーきゃー叫びながら、爆音で聴いてください」と語っている。

 主演の菅田は「圧倒的絶望の中にいて、希望を探す。希望を探すと愚かな自分に出会い見つかりかけた希望が自分のせいでまた失ってしまう。そんなCUBEという映画が最後星野さんの音楽によってその悲しみや後ろめたさは残したまま希望を持って前に進める作品になる気がしました」とコメント。清水康彦監督も「我々がCUBEで最も伝えたいことを、星野さんに描いていただけたように感じました」と絶賛した。

 サビの「運命の河流れ いま抗え 気付かず生き惚けた 過去をみな 紡ぎ縄に変えて 出口に繋ぐまで」という歌詞は、本作の根底にあるテーマである、何があっても「生き抜く」というコンセプトと、その途中でもがき続け、闘い続ける人間の姿、そして人間の持つ無限の可能性を表現しており、観客へ新たな希望を与えるものとなっている。

 最新予告編は、登場人物の絶望の叫びで幕を開けると、そこから星野の主題歌がかかり、同時に謎の立方体=CUBEに閉じ込められた6人の姿が次々と映し出される。名前や年齢、職業と共に発せられる言葉からこの6人はどんな人間なのか、新たにお披露目となったシーンと共に、より想像を膨らませるような映像になっている。

 そして「劇薬系密室エンタテインメント開幕」の文字と共に主題歌のサビがかかり、映像のボルテージも一気に急上昇。レーザートラップをはじめ映像初出しのトラップが映し出されたかと思えば、次の瞬間にはお互いに怒りの感情を爆発させ、そして泣き叫ぶ6人の姿が。果たして謎だらけのCUBEから彼らは生きて出られるのか。結末はスクリーンで見届けたい。

 映画『CUBE 一度入ったら、最後』は10月22日より全国公開。

 コメント全文は以下の通り。

1ページ(全2ページ中)
映画『CUBE 一度入ったら、最後』星野源の主題歌入り90秒予告

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv