クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

佐藤二朗主演『さがす』、せめぎ合う凄みと可笑しみ すべての予想を裏切る予告映像

映画

 俳優の佐藤二朗が主演を務める映画『さがす』の公開日が2022年1月21日に決定。併せて、見る者の価値観を問い、すべての予想を裏切る予告映像が、ポスタービジュアルと共に解禁された。

【動画】映画『さがす』予告編

 本作は、長編映画監督デビュー作『岬の兄妹』で国内外から高い評価を受けた片山慎三監督の長編2作目にして商業デビュー作。主演の佐藤がこれまでのユーモラスなパブリックイメージを封印し、不穏な言葉を残して娘の前から姿を消した父・原田智役を務める。また、智の娘・楓役を伊東蒼、指名手配中の連続殺人犯・山内照巳役を清水尋也、自殺志願者・ムクドリ役を森田望智が演じる。

 予告映像は、慎ましやかに暮らす父・智と娘・楓の姿から始まる。「お父ちゃんな、今日あいつ見たんや。指名手配犯、山内照巳。警察突き出したら300万やで」。智のその言葉をいつもの冗談だと思う楓は「あほなこと考えんと、普通に働きいや」と相手にしない。まさかその翌朝、父が姿を消すとは微塵にも思わずに…。

 誰かを捜す智の姿、「目をつぶったらな、悪いことばっか浮かぶんや」という意味深なせりふ、1万円札を見つめる智。残された娘は必死にチラシを配り、消えた父を探す。やがて楓の目の前に現れたのは、父になりすました連続殺人犯・山内。「お父ちゃんどこや!」と叫びながら、山内を追いかける楓。「殺したんか?」という楓の追及に、山内は「それは有料コンテンツだね」と不敵な笑みを浮かべる。

 父はなぜ消えたのか、父を捜した先にある驚きの展開とはー。佐藤の底知れないすごみとおかしみがせめぎ合う演技が収められている。

 韓国のデザイン会社Propaganda(プロパガンダ)が手がけたポスタービジュアルでは、「父は、なぜ消えたのか?」 「見つけたくないものまで見えてくる。」の一文をまるで体現するかのように、智は山内を険しい表情で見つめ、楓は何かを見透かすような視線を智と山内の間から観客の側に向けて放っている。

 映画『さがす』は、2022年1月21日より全国公開。

映画『さがす』予告編

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv