クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

酷評ムードが公開後一変 それぞれの思いが生んだ、新作『SLAM DUNK』への反響

アニメ

  • twitter
  • facebook
『THE FIRST SLAM DUNK』前評判を覆す大ヒット(※イメージ画像)
『THE FIRST SLAM DUNK』前評判を覆す大ヒット(※イメージ画像)

 映画『THE FIRST SLAM DUNK』の人気がすさまじい。12月3日に封切られると、公開9日間で興行収入30億円、動員数は202万人を超える大ヒットを記録。SNSには劇場に足を運んだファンによる絶賛の声が相次いでいる。公開前は不安や否定が大多数を占めていた状況だったが、なぜここまで反応が変化したのか。実際に見た感想とともに、公開前後の変化の顛末を書いていく(※この記事はネタバレを含みます。ご了承いただける方のみご覧ください)。

【写真】短編『ピアス』を初収録 映画解析本『THE FIRST SLAM DUNK re:SOURCE』フォトギャラリー ■ファン同士の対立を生み…荒れた公開前

 劇場公開まで、作品情報をほとんど出さなかった本作。公開前に分かっていたことは、湘北高校バスケ部スタメンの声優と、作画がCGであること。このほか、公開前の予告映像やCM映像から、バスケ部2年のポイントガード・宮城リョータが中心人物になるらしく、また山王戦の試合は少なくとも描かれるだろうと予想はできた。原作のどのエピソードを取り上げるのか、CGのキャラクターがちゃんと芝居をするのか。どれも当然気になってはいたが、正直に言ってしまうと、出来上がりがどうこうではなく、純粋に楽しみだった。

 なぜなら、これまで映画化を断り続けてきたという原作者の井上雄彦自らが監督・脚本を担当し、それだけでもすごいことなのに、もしかしたら連載終了から26年を経た、今の井上雄彦が描く新しい『SLAM DUNK』を見ることができるかもしれないのだ。新作を諦めていたファンにとって、これは奇跡のようなことだった。

 原作の連載中、待ちきれない気持ちを抑え妄想しながら次号を待つ…そんな気持ちで純粋に本作の公開を楽しみにする一方、ネットでは違う反応も出た。

 テレビアニメ版に対する作品愛と声優キャスト続投への期待は、想像以上に大きいものだった。声優一新をきっかけにSNSのコメントは悲嘆だけでなく不満の色が濃くなり、キャスティングを揶揄するような投稿動画も続出する事態に。そこに映画肯定派が反論を始めたことで、ファン同士の対立構造が生まれてしまった。作品を敵視するアニメファン、自分と違う考えを排除しようとする肯定派。あくまで全体のごく一部の反応ではあるが、ファン同士で敵意を向け合う状況に、なんだか切なくなった…。

次ページ

■アニメではなくバスケットを 実写のような試合描写

1ページ(全4ページ中)

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv