クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

深津絵里、『カムカムエヴリバディ』で変わらぬ魅力! 名作ぞろいの足跡を振り返る

エンタメ

  • twitter
  • facebook
深津絵里
深津絵里 クランクイン!

 現在放送中のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK総合/毎週月曜~土曜8時ほか)で2代目ヒロイン・るいを演じているのが、13年ぶりの連ドラ出演となった女優の深津絵里。90年代以降、常に芸能界の第一線でキャリアを重ね、デビューから35年経っても変わらず瑞々しい魅力を放つ彼女の代表作を振り返ってみよう。

【写真】深津絵里、圧倒的な透明感! 『踊る大捜査線』『きらきらひかる』『西遊記』…テレビドラマ黄金期を席巻

 1986年、ミス原宿グランプリ(コンテスト)での優勝をきっかけに13歳で芸能界デビューした深津。1988年、15歳でJR東海「クリスマス・エクスプレス’88」のテレビCMに起用されると、その端正な顔立ちと愛らしいたたずまいで一躍注目を集める。すでに女優としての活動をスタートさせ映画出演も果たしていた彼女は、90年代に入るとテレビドラマへの出演が急増。“テレビドラマ黄金期”とも呼ばれる90年代の傑作・話題作に次々と起用されていく。

 90年には『予備校ブギ』(TBS系)に織田裕二に付きまとうフリーター役、92年には『愛という名のもとに』(フジテレビ系)に江口洋介に関わる東大生役、『二十歳の約束』(フジテレビ系)に稲垣吾郎に思いを寄せる遊び仲間役で出演。さらに翌93年の奥山佳恵、常盤貴子とトリプル主演を務めた『悪魔のKISS』(フジテレビ系)では新興宗教にのめり込むヒロインに扮し、視聴者に強烈なインパクトを与える。その後も順調にキャリアを重ねて、95年の『最高の片想い』(フジテレビ系)ではダブル主演の本木雅弘の相手役として、主人公の公介(本木)に一目惚れし、一途に片想いをするヒロイン・くるみを演じ、そのキュートな演技で人気を集めた。

 そして97年には、深津の代表作の1つとも言える『踊る大捜査線』シリーズ(フジテレビ系)がスタート。このシリーズで彼女が演じたのは、主人公・青島(織田裕二)の先輩警察官の恩田すみれ。警察組織を一般企業になぞらえた斬新な物語の中で、凛とした存在感を放った。レギュラー放送終了後、再放送で根強いファンを獲得すると、番組はスペシャルドラマや劇場版へと発展。深津自身も新たなファンを獲得していく。

 そして『踊る大捜査線』放送の翌年にスタートした主演ドラマ『きらきらひかる』(フジテレビ系)では、解剖遺体と真摯に向き合う監察医・天野ひかるを熱演。仕事も恋も全力で打ち込むヒロイン像は、お仕事系ドラマの先駆けとして多くの視聴者の共感を得る。ドラマは99年と2000年に特番として続編が製作された。

 2000年代に入っても話題作への出演は続く。2001年放送の『カバチタレ!』(フジテレビ系)では『悪魔のKISS』で共演した常盤貴子とダブル主演を務め、コンビネーション抜群の掛け合いを披露。さらに坂元裕二が脚本を手がけ香取慎吾が主人公の孫悟空に扮した月9『西遊記』(フジテレビ系)にも出演。かつて夏目雅子も演じた高僧・三蔵法師を抜群の透明感と気品に満ちた演技で体現した。

次ページ

森田芳光、黒沢清etc…名監督とのタッグで海外でも高い評価

1ページ(全3ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv