クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

中村ゆりか「才能があるからできるわけじゃない」 大切なのは地道な努力

映画

中村ゆりか、『ラーメン食いてぇ!』インタビュー
中村ゆりか、『ラーメン食いてぇ!』インタビュー クランクイン!

 「一つ一つ手は抜きたくない。手を抜く女優さんにはなりたくないです」。澄んだ眼差しとともにそう語るのは、ドラマ『ぼくは麻理のなか』や放送中の『賭ケグルイ』で知られる女優・中村ゆりかだ。公開中の主演映画『ラーメン食いてぇ!』で、日本一のラーメン屋を目指す女子高生を熱演した中村に、同世代の葵わかなとの共演や、女優としての在り方について語ってもらった。

【写真】中村ゆりかインタビューフォトギャラリー

 150万PV超を記録した、林明輝による同名ウェブ漫画を基にする本作は、自殺未遂後に祖父のラーメンから生きる希望をもらった主人公・茉莉絵(中村)が、自殺未遂の原因を作った親友・コジマ(葵)と共に、祖父の店を継いで、日本一のラーメン屋を目指す姿を描く青春ドラマだ。

 「今まで演じてきた役は、原作ものや作り込むようなものが多かったんですけど、茉莉絵は対照的な役でした」という中村は、「飾り気のない感じが、(自分と)ちょっと似ています。素の部分を出しちゃっていいのかなとも思いました。あまり作っていない感じですね」と役柄について語る。同じ事務所に所属し、NHKの広島発地域ドラマ『舞え!KAGURA姫』でも共演した葵については「一緒にいて居心地が良いので、共演できるということを知ってうれしかったです」と笑顔を見せつつ、「わかなちゃんだからこそ、話し合いをしやすかったですね」とも。

 話し合い――。それこそ中村が芝居をするうえで大切にしていることだ。キャリア初期を振り返り「うまくできなかったことの方が多いと、今ではすごく感じていて。『あそこで、もう少しこうしていれば良かったのに』『もう少し話していれば良かったのに』ということが、最初のころはありました」という中村は、悔いを残さないよう、できるだけ監督や共演者と話し合うという。「思い残すことが悔しい。だから、自分が納得するまで話し合ったり、セッションしたりする。そうすると、やっぱりちょっと違うなって思うんです」。

1ページ(全2ページ中)

この記事の写真を見る


関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv