クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

『沈黙の艦隊』ファイナルトレーラーが解禁! 大迫力のバトル・アクションに鳥肌

映画

映画『沈黙の艦隊』ファイナルトレーラーが解禁
映画『沈黙の艦隊』ファイナルトレーラーが解禁(C)かわぐちかいじ/講談社  (C)2023 Amazon Content Services LLC OR ITS AFFILIATES. All Rights Reserved.

関連 :

大沢たかお

玉木宏

上戸彩

水川あさみ

中村蒼

ユースケ・サンタマリア

江口洋介

かわぐちかいじ

 大沢たかおが主演を務め、9月29日より劇場公開される映画『沈黙の艦隊』のファイナルトレーラーが解禁となった。

【動画】映画『沈黙の艦隊』 息をのむ迫力のファイナルトレーラー解禁!

 今回解禁となったファイナルトレーラーには、大迫力の潜水艦バトル・アクションが満載。最新鋭の原子力潜水艦〈シーバット〉に核ミサイルを搭載し反乱逃亡する海江田(大沢)。それを撃沈しようと太平洋艦隊を集結させるアメリカに対し、海江田はモーツァルトを優雅に響かせながら原潜一隻で戦闘に臨む。

 対潜ミサイルや上空からの激しい爆撃を急速潜航して華麗に回避し、深海では米原潜との激しい交戦でためらいなく魚雷を発射。手に汗握る緊迫のバトルの末、危険を顧みず海上に浮上した海江田は、独立国〈やまと〉の建国を宣言する。そこに、追いかけてきたディーゼル艦〈たつなみ〉が向かってきて…。深町(玉木宏)は海江田を止められるのか?

 息をのむ海中心理戦と大迫力の潜水艦アクションに期待が高まる。

 映画『沈黙の艦隊』の原作は、1988~96年に『モーニング』(講談社)で連載された、累計発行部数3200万部(紙・電子)を突破する大ヒットコミック「沈黙の艦隊」(かわぐちかいじ作)。連載当時、タブーに鋭く切り込んだテーマ性により各方面で論争を呼び、国会でも話題になるなど社会現象を巻き起こしたこのタイトルは、30年の時を超え、現代の国際情勢を予測していたかのようなメッセージを孕んでいる。

 「核抑止力をもって世界平和をいかに達成するか」という真摯な問題提起。壮大な海中戦闘アクションと重厚な政治サスペンス。予測不能な驚きのストーリー展開。唯一無二のアクション・ポリティカル・エンターテインメント映画が、Amazonスタジオ製作により、満を持して9月29日に劇場公開となる。

 主演は大沢たかお。日本初の原子力潜水艦に核を積み反乱逃亡する海江田四郎を演じる。そして、逃亡した海江田を追う海自ディーゼル潜水艦艦長・深町洋役に玉木宏。さらに、上戸彩、中村倫也、水川あさみ、ユースケ・サンタマリア、中村蒼、江口洋介ら実力派のキャスト陣が集結し、重厚な世界観を熱演。

 大沢たかおは本作のプロデューサーも務めている。原作のファンであり、実写化は俳優人生における夢のひとつであったという想いから、防衛省・海上自衛隊への協力体制の構築や、原作・かわぐち氏へ企画プレゼンを行うなど、熱意をもって制作に臨んでいる。
 
 監督は映画『ハケンアニメ!』(2022)で数々のアワードを受賞した吉野耕平。制作は映画『キングダム』や『銀魂』などを手がけるクレデウス。日本映画で初めて海上自衛隊・潜水艦部隊の協力を得て撮影した実物の潜水艦と、日本屈指のVFX技術を融合させ、臨場感溢れる映像体験を実現する。

 世界最新鋭の原子力潜水艦という圧倒的な力を手にした男の行動は、果たして、大義か、反逆か。揺らぐ「核の国際秩序」に警鐘をならすがごとく、禁断のテーマに挑む。

 映画『沈黙の艦隊』は9月29日より劇場公開。

映画『沈黙の艦隊』ファイナルトレーラー

関連記事

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

    Hulu | Disney+ セットプラン
  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る