クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

役所広司主演『峠 最後のサムライ』6.17公開決定 新ビジュアル解禁

映画

 俳優の役所広司が主演する映画『峠 最後のサムライ』の新たな公開日が6月17日と決まった。当初は2020年9月25日公開予定だったが、コロナ禍の影響で3回にわたり延期されていた。

【動画】役所広司主演『峠 最後のサムライ』本予告

 本作は、歴史小説界の巨星・司馬遼太郎が、幕末の風雲児と呼ばれた越後長岡藩家老・河井継之助を描いた国民的ベストセラー『峠』を初の映像化。監督・脚本は、黒澤明監督の助監督として数々の名作に携わり、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した初監督作品『雨あがる』以来、人間の美しい在り方を描いてきた小泉堯史。

 主人公・河井継之助を役所が演じるほか、松たか子、香川京子、田中泯、永山絢斗、芳根京子、坂東龍汰、榎木孝明、渡辺大、AKIRA、東出昌大、佐々木蔵之介、井川比佐志、山本學、吉岡秀隆、仲代達矢らが出演する。

 一介の藩士でありながら、諸国への遊学を経て培った先見性とグローバルな視野をもとに、領民のための斬新な藩政改革を次々に実行していた継之助。しかし、時流は倒幕へと傾き、サムライとしての使命と庶民を先導するリーダーとしてのはざまで葛藤しながらも、継之助はやがて強大な武力を誇る明治新政府軍に立ち向かっていく。

 新公開日決定に伴い、本作のメインビジュアルも一新。旧ビジュアルでは、役所演じる河井継之助が、峠の頂から故郷・長岡を遠く見つめる水墨画のような静謐(せいひつ)さが際立つものだったが、今回解禁された新ビジュアルでは、まるで未来を見据えるかのごとく、曇りのない真っすぐな継之助のまなざしが印象的に配され、新コピーである「ニッポンが震えた、熱き心」という一文とも相まって、より本作の「力強さ」にフォーカスしたデザインに。

 役所の表情をアップで捉えることで、武士としての使命とたぎる「心」を武器に、5万人の軍勢に対してたった690人の仲間とともに立ち向かった「最後のサムライ」河井継之助の不退転の覚悟と、その先に描かれる熱き人間ドラマを感じ取れるものとなっている。

 映画『峠 最後のサムライ』は、6月17日より全国公開。

映画『峠 最後のサムライ』60秒予告

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv