クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

賀来賢人&浜辺美波主演『金の国 水の国』 制作現場にカメラが潜入した特別映像解禁

アニメ

  • twitter
  • facebook
映画『金の国 水の国』新場面写真
映画『金の国 水の国』新場面写真(C)岩本ナオ/小学館 (C)2023「金の国 水の国」製作委員会

関連 :

賀来賢人

浜辺美波

 2023年1月27日公開のアニメ映画『金の国 水の国』より、本作の制作現場にフォーカスした特別映像が解禁された。

【動画】一流クリエイター陣のこだわりが見られる特別映像

 岩本ナオによる同名漫画をアニメ化する本作は、隣り合う仲の悪い2つの国を舞台に、<金の国>の姫サーラと<水の国>の青年ナランバヤルが偶然出会い、国の未来のために“夫婦役”を演じているうちに恋に落ち…という物語。賀来賢人がナランバヤル、浜辺美波がサーラを演じる。

 100年断絶している2つの国。<金の国>の誰からも相手にされないおっとり王女サーラと、<水の国>の貧しい家族思いの建築士ナランバヤルは、敵国同士の身でありながら、国の思惑に巻き込まれ“偽りの夫婦”を演じることに。お互いの思いを胸に秘めながら、真実を言い出せない不器用な2人の<やさしいうそ>は、国の未来を変えるのかー。

 『Making of 金の国 水の国』と題して全4回にわたり映画の魅力に迫るスペシャル映像の第2弾は、トップクリエイターたちにフィーチャー。「原作が好きな気持ちは誰にも負けない」と語る渡邉こと乃監督は、特に主人公2人の演出に強いこだわりを持って臨んだという。王女ではあるが決して位は高くなく自分に自信のないサーラと、頭は切れるがお調子者で貧しい建築士のナランバヤルは、監督いわく「だいぶ庶民というか、一般人に近いポジションのキャラクター」。サーラはいわゆる美女ではないヒロインだが、「そういうところは押さえつつ、親近感が湧いて可愛く見えるように、素朴な感じをメインにキャラクターを作りました」とこだわりを明かしている。

 キャラクターデザインと総作画監督を担当したのは、『きみの声をとどけたい』『虫かぶり姫』などで知られる高橋瑞香。監督同様原作にほれ込み、他の作品の仕事を全て断ってまで本作に集中したという高橋がこだわったのは、原作者・岩本ナオの絵の素晴らしさを抽出しアニメ化すること。原作で特徴的に登場する、デフォルメされたキャラクターの表情までも大切にし、「(無くしてしまうと)岩本先生のアニメじゃなくなっちゃうから絶対大事だと思って、可愛さを伝えたいという気持ちで」アニメ化に取り組んだのだという。

 物語の舞台となる<金の国>と<水の国>を描いたのは、『この世界の片隅に』『おおかみこどもの雨と雪』などにも参加している美術監督の清水友幸。それぞれの国の美しい風景は、デジタルで作業を行いつつも、出来るだけ手描きにこだわり、「ただ単に写実的にすると凄く固くて重い作品になってしまうので、手描きを入れつつ、あくまで手作り感を出したことで、結果的に原作の雰囲気にあったものが出来たと思います」と、映画を象徴する2国の景色の壮美さの秘訣を明かしている。

 さらに本映像では、初解禁となる新たな本編シーンも登場する。

 アニメ映画『金の国 水の国』は、2023年1月27日より全国公開。

【Making of 金の国 水の国】Chapter#2 制作舞台裏がすごい!

この記事の写真を見る

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

  • [ADVERTISEMENT]

  • [ADVERTISEMENT]

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv