クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

種崎敦美、フェチぶり全開 現役中学生・本田望結に“青春論”を力説

アニメ・コミック

  • twitter
  • facebook
『リズと青い鳥』完成披露上映会 舞台挨拶にて
『リズと青い鳥』完成披露上映会 舞台挨拶にて クランクイン!

関連 :

種崎敦美

東山奈央

本田望結

山田尚子

 アニメーション映画『リズと青い鳥』の完成披露上映会が4日都内で行われ、声優の種崎敦美、東山奈央、女優の本田望結、山田尚子監督が登場した。

【写真】『リズと青い鳥』完成披露上映会 舞台挨拶フォトギャラリー

 アニメーション映画『聲の形』を送り出した京都アニメーションの最新作は、吹奏楽部でオーボエを担当する鎧塚みぞれ(種崎)と、フルートを担当する傘木希美(東山)の儚く美しい一瞬を切り取った青春ストーリー。

 “青春”が好きすぎるあまり、自身のラジオ番組に青春コーナーを作るほどだという種崎。本作を通じて青春を感じたことを聞かれると、「青春への思い入れはすごいです。青春を語りだしたら止まらなくなるけれどいいですか?」と切り出し、「自分にもみぞれに似たような経験がある。同い年のすごく大事な子がいて、その子と一緒にいたいがために同じ高校を選ぶくらいだった」と明かす。さらに「その子がいるかもしれない方向を何となく見てしまうというみぞれの行動はすべて自分にも身に覚えがある。女子ってそういうところがある。それもすべて青春」と力説した。

 そんな青春フェチの種崎は、現役中学生の本田から「青春とはどういうものですか? まだ自分にはわからない」と素朴な疑問を投げかけられると、「もう戻れない瞬間や戻れない過去、キラキラしている瞬間とか。一生これは忘れられないだろうなという瞬間すべてが青春です」と持論を教示。青春の概念を教わった本田は納得したように「私はフィギュアスケートと一緒に生きている気がする。練習や試合で上手くできないと落ち込むし、そんなときはスケート靴も一緒に悲しんでいるような気がする」と語り、「すべてが思い出に残るように、試合も練習も頑張りたい」と青春謳歌を誓った。

 また一人二役で声優を務めた本田は、プロの声優に囲まれて「声優ではない自分の声をファンの方々に認めてもらえるのか不安」と打ち明けると、東山は「メイクさんに怒られると思いながらも、ウルウルするぐらいに見入った」と絶賛。種崎も「一言目のセリフから、本田さんありがとう!となった」と太鼓判を押していた。

 映画『リズと青い鳥』は、4月21日より全国公開。

この記事の写真を見る


関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access