クランクイン!

  • クランクイン!ビデオ
  • クラインイン!コミック
  • クラインイン!トレンド

『ジョン・ウィック』脚本家による痛快アクション『Mr.ノーバディ』公開決定 インターナショナル予告も

映画

  • twitter
  • facebook
映画『Mr.ノーバディ』場面写真
映画『Mr.ノーバディ』場面写真(C) 2021 Universal Pictures

関連 :

ボブ・オデンカーク

クリストファー・ロイド

マイケル・アイアンサイド

コニー・ニールセン

 『ジョン・ウィック』シリーズの脚本家と製作陣が手掛けるアクション映画『NOBODY(原題)』が、邦題を『Mr.ノーバディ』として6月11日より公開されることが決定。インターナショナル版の予告映像も解禁された。

【動画】オヤジがド派手にブチキレ! 『Mr.ノーバディ』インターナショナル予告映像

 本作は、全編主人公目線のカメラワークで展開する挑戦的な演出で話題となった『ハードコア』のイリヤ・ナイシュラー監督と、『ジョン・ウィック』シリーズの脚本家デレク・コルスタッド&製作陣が、新たにタッグを組んで放つ痛快ハードボイルド・アクション作。

 主人公のハッチ・マンセルは、仕事では過小評価され、家庭ではリスペクトできない父親として扱われるなど、人生の苦難をぐっと受け止めながら生きる、地味で平凡な“何者でもないただの男(NOBODY)”。ある夜、郊外にある自宅に2人の強盗が押し入ったとき、ハッチは暴力を恐れ、父親らしく反撃することが出来なかった。事件をきっかけにさらに家族から失望され、同じ職場の義弟にも難癖をつけられ、胸の中で煮詰まっていた怒りがふつふつと湧き上がっていくハッチ。ふと路線バスで出会ってしまったチンピラたちの安直な挑発が引き金となり、ついにド派手にブチギレる…!

 主人公ハッチを演じるのは、人気ドラマシリーズ『ベター・コール・ソウル』の主人公ソウル・グッドマン役を務め、過去4度のエミー賞と、本年度のゴールデン・グローブ賞にノミネートされたほか、映画『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』や『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』などにも出演しているボブ・オデンカーク。共演には、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの“ドク”ことエメット・ブラウン博士役として知られるクリストファー・ロイド、『トップガン』『トータル・リコール』のマイケル・アイアンサイド、『グラディエーター』『ワンダーウーマン』のコニー・ニールセンら往年の名優が集結した。
 
 予告映像は、家に強盗に入られるも何も抵抗できなかったハッチが、家族から失望される場面からスタート。そして、周囲から蔑まれ怒りをため込んでいった彼が、路線バスでチンピラたちと対峙したことをきっかけに、ついにブチギレ状態に。普通の中高年男性とは思えないスキルでチンピラたちを圧倒する。

 さらに、この事件をきっかけに武装集団やロシアンマフィアたちにも命を狙われたハッチが、家族を家の地下に避難させ、銃撃戦やカーチェイス、爆破など、激しい戦いを繰り広げるシーンが展開。最後は、子猫にエサをあげながら、血だらけの顔面でタバコを吹かせているハッチが「アンタ何者?」と問われ「何者でもない(NOBODY)」と答える、どこかユーモア漂う場面で終了する。

 果たして、この男は何者なのか。『ジョン・ウィック』チームが次の主人公に選んだ“ただのオヤジ”ハッチによる痛快アクションに期待が高まる。

 映画『Mr.ノーバディ』は6月11日より全国公開。

映画『Mr.ノーバディ』インターナショナル予告映像

関連記事

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

あわせて読みたい


最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access pick tv