リアルを追求した映像で月面着陸を描く『ファースト・マン』本予告解禁

映画

『ファースト・マン』ポスタービジュアル

『ファースト・マン』ポスタービジュアル(C)Universal Pictures

 俳優のライアン・ゴズリングが主演し、人類初の月面着陸への挑戦を描く映画『ファースト・マン』より、本予告映像とポスタービジュアルが解禁された。本予告映像では、宇宙飛行士たちの過酷な訓練の様子や宇宙空間での絶体絶命のアクシデントが、リアルを追求した映像で描き出されている。

【写真】『ファースト・マン』場面写真

 本作は、『ラ・ラ・ランド』で史上最年少記録となるアカデミー賞監督賞を受賞したデイミアン・チャゼル監督と主演のライアン・ゴズリングが再びタッグを組み、月面着陸を目指すアポロ11号の船長ニール・アームストロングの挑戦を描く。アームストロング役をライアン、妻ジャネットをクレア・フォイが演じ、脚本を映画『スポット・ライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞脚本賞を受賞したジョシュ・シンガーが務める。

 予告映像は、アームストロングへ告げられる「ニール、君は最高のパイロットだ。月へ行ってくれ」という言葉からスタート。続いて、米航空宇宙局(NASA)プロジェクトチームの生死をかけた特訓や、「帰ってくるよね?」と尋ねる幼い息子に、「そのつもりだよ」と答えるアームストロングの言葉から伝わる家族間の緊張が描き出される。ついに打ち上げのカウントダウンが開始され、妻ジャネットやNASAの局員たちが見守る中、アポロ11号は月へと発射。宇宙空間で絶体絶命のアクシデントに直面した壮絶シーンも映され、最後の最後までリアルを追求して生み出した“あたかもアポロ11号に同乗して宇宙空間を旅しているような臨場感”を垣間見ることができる映像に仕上がっている。

 本作で自身初のIMAXフィルム撮影を取り入れたチャゼル監督は、「当時の月面着陸計画は正気の沙汰とも言えるほど無謀でとにかく驚いた」と話し、「何が彼らを暗黒の宇宙へと駆り立て、彼らがどんな体験をしたのか、その時の鼓動や呼吸までをも完全に理解したいと思いながらこの映画を作った」と熱い想いを明かしている。

 日本オリジナルのポスタービジュアルには、ライアン演じるアームストロングが宇宙服を身に着け、力強いまなざしで月を見上げる横顔が写し出されており、死と隣り合わせの壮絶な宇宙体験が劇中でどのように描かれるのか期待が高まるビジュアルとなっている。

 映画『ファースト・マン』は2019年2月8日より全国公開。

関連記事

あわせて読みたい

最新ニュース

トップへ戻る

news_genre reco_personal filmography present cic civ info news_link news_match news_new photogallery photogallery2 ranking recommend drama_jp drama_os opening_this_week ranking_access